幸福路のチー(台湾アニメ)のあらすじと内容!日本公開日と原作についても

台湾発祥のアニメである、「幸福路のチー」。

日本でも昨年の東京アニメアワードフェスティバルで長編グランプリを受賞しました。
他にも多くの専門家から高い評価を得ている作品です。

すでに日本以外で今作を見た人からは、今年一番の最高傑作と言われるほどの
大作になっているようです。

今回はそんな幸福路のチーに関するあらすじや、
日本での公開日、原作があるのか?など紹介していきたいと思います。

また、今作はすでに日本でも応援するプロジェクトがあるようです。

公開される前に確認しておきましょう!

それでは早速参ります!

幸福路のチーのあらすじ


では、早速あらすじから紹介していきます。

台湾の田舎町で必死に勉強した後、アメリカに渡って成功を収めたチー。ある日、祖母の死の知らせを受け、長く帰っていなかった故郷、幸福路へ戻る。子どもの頃の懐かしい思い出とともに、チーは人生、そして家族の意味を考え始める。老いていく親、大人になった自分。「あの日思い描いた未来に、私は今、立てている?」そして新たな人生の岐路に立つチーが出した答えとは?

 

舞台は台北の新興住宅地・幸福路になります。タイトルの幸福路はここから来ています。
主人公はニューヨークに住む女性リン・スウ・チー。タイトルの「チー」にはこの人になります。

チーの祖母の訃報が届き、ニューヨークから台湾へ戻るところから始まる。
しばらくぶりの故郷の変貌にとまどいつつ、チーは過去を振り返る。

チーが生まれたのは1975/4/5、蒋介石が死亡したその日。
それから台湾社会は民主化に向かう変革の時を乗り越えていくことになる。

台湾の歴史に関して調べておくとよりわかりやすいと思われます。

作品の大まかなパターンとしては、時間軸はシャッフルされ、
過去を回想したり現代に戻ったりチーの半生を描いていくストーリになります。

じゃりン子チエでちびまる子でキャンディでガッチャマンのような子供時代から、
少女漫画に憧れる学生時代を経て、進学、就職、NYへの移住、恋愛、結婚と、一人の女性としての歴史が、うねるような社会の動きとしてストーリーが展開します。

チーが人生で過ごした台湾やニューヨークの大きな出来事として。

  • 戒厳令
  • ひまわり運動
  • 台湾大地震
  • 911事件
  • NY大停電

実際に起った社会的事件の数々がそのまま作中には登場します。

1970年代生まれの方ならチーの半生、そして考え方をより感情移入して楽しむことができます。

チーの人生を描いていますが、視点は幅広く、他の周りのキャラも魅力的で、それぞれの生き方も含め色々な想いを感じられる作品になっています。

チーの半生を振り返り、その中で台湾の歴を巡り、
様々な人の生き様や想いが交差するヒューマンアニメドラマになっています。

色々、考えさせられる作品になっているようです。

 

幸福のチーの日本公開日は?


日本の公開日は2019年秋が日本劇場公開が決定しています。

詳しい日時は決まっていませんが、わかり次第追記していきます!

全国で順次放映が決まっているので
あなたのお住いの街でも上映されると思われます!

クラウドファンディング開催中!

日本での公開を盛り上げたいと思う人たちが、
クラウドファディングを開催し、監督の来日トークイベントを開催するプロジェクトが立ち上がっています。

クラウドファンディングとは、支持者から資金を調達して、
プロジェクトをみんなで盛り上げようと言う企画です。

すでに目標の金額に数日でかなり迫っているほど、
支持する人が多いようです。

気になる方は、幸福のチーのクラファンをチェックしてみてください!

幸福路のチーの原作は?

幸福路のチーには原作はありません。

ですが、恐らく監督であるソン・シンイン監督の体験や想いをそのままチーに
投影しているのではないでしょうか?

物語というよりも、ヒューマンドラマのようなものなので、
ノンフィクションに近いアニメになると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

台湾アニメは日本のアニメに負けないほど、
人気があり、台湾国内でも非常に盛り上がっています。

「幸福路のチー」はその中でも
全世界で注目されている作品です。

物語も深そうで面白そうです。

公開が楽しみですね!
その前にあらすじや、台湾の歴史のアウトラインをチェックしておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です