名探偵ピカチュウのハリーの行方は?人質説と変化説から続編についても

名探偵ピカチュウは他のポケモン作品に比べ、
RPG要素が多く物語もしっかりしたミステリー作品になります。

映画化も上映日が公開され、
良作になる事が期待されています。

原作ゲームである「名探偵ピカチュウ」では、
話を展開していくのですが、最終的にハリーに出会うことはできず、
捜索は続くままで話は終了します。

ハリーは一体どこで何をしているのでしょうか?

今回はそんなハリーの行方について
考察していこうと思います。

人質説と変化説の可能性が高い

様々な憶測がありますが、
個人的にも濃厚な仮説としては2つ考えられます。

  • 人質説
  • 変化説

が仮説が立てやすく、可能性が高いと推察されます。

それぞれ、紹介していきます。

ハリーはミューツーかロジャーが人質に

早速、ハリーの行方について考察していきます。

最大の黒幕であるロジャーまたは全てを知っているような口ぶりのミューツーが人質にとっている可能性が高いのではないかと推察されます。

物語最終局面でミューツーはピカチュウに「ハリーは生きている」と
発言しています。

そもそも、ハリーの現在の様子を発言しているのは、
ミューツーだけになります。

物語後半でピカチュウが記憶の一部を取り戻しますが、

破壊遺伝子の回収とポケモンを凶暴化させる薬「R」絡みの事件の黒幕を助けることを条件に、ハリーを助けることを条件にピカチュウを脅迫しています。

しかし、ミューツーは予想外に記憶をピカチュウが失っていたため、
偶然か必然か息子のティムと協力し、ハリーの意思を継ぐことになります。

恐らく、誤算だったのではないかと思われます。

よって、事件の真相に辿り着いてしまった、ハリーが
黒幕とミューツーの手によって人質にしてしまっているのではないかという説が信憑性が高いです。

ロジャーやミューツーはピカチュウが完全に記憶を取り戻し、黒幕側の
味方をするのを待っているのではないでしょうか。

ハリーはピカチュウに変化した可能性

もう一説では、ハリーがピカチュウそのものに
変化してしまったのではないかという説です。

名探偵ピカチュウの正体がハリーではないかという話はこちらの記事にて。

ハリーの人格や魂が、ハリーのピカチュウに憑依している説もありますが、
そもそもハリー自体をピカチュウに変化させてしまったのであれば仮説が通ります。

変化させた人物はミューツーの可能性もありますが、
ポケモンの研究が進んでいる時代なので、人間をピカチュウに変化させることは
十分にありえる事だと思います。凶暴化させる薬があるほどなので。

その際、失敗してしまい、記憶を失い、
ハリーの人格だけ残ってしまったのではないでしょうか。

ミューツーが最後に、「諦めなければ必ず会える」と告げているので、
ピカチュウが全て思い出すと、ハリーの姿に戻るか、
今度は元に戻る方法を見つける捜査をする話も登場するかもしれません。

続編は人質説か変化説を解決する話に

本編・原作では事件を解決しても、
最大の目的であるハリーの発見にはいたっていません。

ハリーに出会わないと完結とは言い難いですよね。

そこで、以上であげたハリーの行方を追うストーリーに
繋がって行くのではないでしょうか?

ハリーはどんな形であれ、
生きている可能性が高いのでありえると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はハリーの行方について解説しました。
ポケモンのシリーズの中でもここまで考察できる話はありません。

まだプレイをしたことない人は、
映画を見る前に一度プレイしてみてはいかがでしょうか?

映画版の結末はどうなるかわかりませんが、
原作通り、ハリーに会えないのであれば、映画版も続編を期待しても良いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です