天空のロストシップの漆は人間が倒れる?かぶれる理由と効果についても

名探偵コナンの人気劇場版シリーズである、
天空の難破船(ロストシップ)。怪盗キッドファン必見の作品になります。

この作品ではトリックとして、
細菌テロと見せかけて、実は漆によるかぶれだったというシーンがあります。

漆で発疹が出て、倒れる女性もいました。
本当にそんな効果があるのでしょうか?

今回はトリックしての漆を紹介します。

漆(うるし)とは?

そもそも漆ってなんなの?って人は、
確認しておきましょう。

漆とはウルシ科の木から採取した樹液を書こうした天然樹脂塗料です。

塗料として利用され、接着剤としても使われます。「漆器」なんかは聞いたことがあるのではないでしょうか?

食器など器物に漆を塗ることで物持ちが格段に長くなり、
縄文時代の頃から使われていたほど昔からあるものになります。

漆がかぶれる理由と効果

かぶれるものって色々ありますよね。

肌が弱い人なんかは、
あらゆるものでかぶれる経験があると思います。

そんな中、漆は乾燥していない状態で触れると
ほとんどの人間がかぶれます。

言ってしまえば、かぶれる代名詞と言っても過言ではありません。

また、漆アレルギーというものが存在します。
漆が毛穴に触れた場合にのみ症状が出るそうで主な症状は発疹で、
水ぶくれができ非常にかゆみを伴います。

特にアレルギー体質でひどく症状が出る人は全身に発疹が出る場合もあるので恐ろしいですね。

漆職人は漆は触れてかぶれて治ってを繰り返すうちに耐性がつき症状が出にくくなるそうです。

植物として、人間の肌には合わない性質になっているようです。

漆で人間が倒れることがある?


先ほども述べたように、
アレルギーの症状が出るので、酷くなってしまうと、
アナフィラキシーショックの可能性はあります。

ただ、別のものに比べその確率はかなり低いと
思われます。

今作の天空の難破船(ロストシップ)で女性が倒れるシーンでは、
アナフィラキシーのような症状には見えません。

一番考えられるのは、自分が感染したと思い、
シュックを受け脳貧血で倒れた原因が一番妥当だと思います。

細菌をばら撒かれたという状況の中で、
気持ち的にも、発疹を見てしまい、もう自分は死んでしまうと思い込んだのではないでしょうか?

病名としては、脳貧血のようなものです。

なので、漆で人間を気絶させたりすることは、
普通に考えれば無理なことがお分りいただけたでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は名探偵コナン・天空の難破船(ロストシップ)のトリックで
使われた漆について紹介していきました。

人間を気絶させるほどの力はないものの、
多くの人をかぶれさすことができます(笑)

もし、触る機械があれば、
十分に注意して取り扱いましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です