海獣の子供・安海琉花の正体は何者?能力や海と空との共通点についても

海獣の子供の主人公である安海琉花(あずみるか)は一見普通の女子中学生だと思われていますが、実は特殊な能力を持っています。

また、作中で登場する海と空とも共通点があり、只者ではないことがわかっています。

今回はそんな琉花の正体について考察していきます。

海獣の子供の安海琉花の正体は何者?


安海琉花は女子中学生です。コミュニケーションがあまり上手くなく、口より先に手が出てしまう性格。

ハンドボール部に所属していたが、琉花の悪口を言ったチームメイトにけがをさせてしまい、部活に出禁になってしまいます。母との折り合いも悪く、家出した東京の海を見に来たところ汐留で海と出会います。

一見今時で勝気な性格の女子中学生に思いますが、正体は海と空と変わらないジュゴンの意思を継ぐものなのではないかと考察します。

その理由、琉花の能力が物語っています。

 

安海琉花の能力や海と空との共通点について


作中では、安海正明(琉花の父)の務める江ノ倉と2度目に出会います。

その時に、海と空から「同じ匂いがする」と思われており、行動を共にすることを許される。

海の空は人魚ではないかという説についてはこちらの記事にて。

また、琉花の能力として、水中でも地上と同じようにピントを合わせて物を見ることができる体質を持っています。

しかし、海と空のように肌が乾燥することはありません。

よって、琉花はほとんど普通の人間ですが、ほんの少しだけ海と空のようにジュゴンや人魚・海の力を持っています。

海と空の共通点は「人間側のジュゴンの意思(海の意思)を継ぐもの」であると考察します。

まとめ

今回は海獣の子供・安海琉花の正体について考察しました。

恐らく、社会に適合できなかった理由は普通の人間ではなかったことも考えられますよね。

海や空と出会ったのは偶然ではなく、引き寄せあったのかもしれません。そして、地球の未来を託されたのが安海琉花なのかもしれません。

「海獣の子供」登場人物まとめ

海獣の子供・登場キャラクターの正体考察まとめ!声優・キャストについても

「海獣の子供」関連記事

海獣の子供は実話はなの?海と空のモデルとストーリーの元ネタは海の神話にある?

海獣の子供の対象年齢は?年齢制限や子供だと怖いのかについても

海獣の子供「海の幽霊」歌詞の意味は?映画との関係と米津玄師の想いを考察

海獣の子供・実写「トゥレップ」の内容は?劇場アニメとの関係性についても

海獣の子供の聖地・ロケ地の舞台はどこ?モデルになった水族館についても

海獣の子供の映画はジブリ作品に似てる?間違われる理由と監督についても

海獣の子供アニメ映画は内容がひどい?原作漫画との違いと監督の評価についても

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です