海獣の子供・海と空の正体は何者?目的と乾燥する理由を考察

海獣の子供に登場する中心的キャラであり、物語の中では起点となる海と空。

この二人の正体はいったい何者なんでしょうか?

また、目的と乾燥する理由について考察していきます。

海獣の子供の海と空の正体は何者?乾燥する理由は?

海獣の子供のメインキャラクターである、海と空。物語の真相の鍵を握るキャラクターです。

海は琉花が夜の東京湾で出会った不思議な少年。色黒で泳ぎがとてもうまく、魚たちと対話する能力を持っています。乾燥に弱く、水中の方が活発に活動できます。

一方、空は海の双子の兄であり、ジムのサーフィンの教師。海とは異なる白い肌を持ち、弟の空よりも乾燥に極端に弱く陸にずっといるのが苦手とされています。海を守るべくジムとアングラードに自らの身体を調べるように依頼する。小笠原沖で自ら入手した隕石を琉花に託した後、光となって姿を消します。

この2人は普通とは違った能力や性質を持ち合わせています。

生まれてから2、3歳頃まで空と共に野生のジュゴンの群れの中で暮らしていたが、デデとジムに保護される過去があります。

この過去から、2人の正体は恐らく、人魚の一種ではないかと思われます。

よって、乾燥する事も納得できますよね。

もともと、人魚のモデルとなったのはジュゴンと言われています。

人魚と結び付けられた理由は諸説ありますが、なかでも水面から顔を出し、直立の姿勢で幼体に授乳する姿が人間の女性を連想させた、という説が有力です。

また、ジュゴンはギリシャ神話などで、神的な扱いをされることもあり、ジュゴン=人魚=海の神=空と海という事が成り立つのではないかとも考察できます。

海と空の目的を考察

海と空の正体がわかった所で、結局、空と海の目的はあるのでしょうか?

目的と言うよりは、ジュゴンが絶滅危惧種にある事大きなキーワードになります。

度重なる地球の汚染により、水位が上昇したり、様々な環境汚染を人間が繰り返した事によって、ジュゴンのように生きる事が難しい生物も多く存在します。

よって、ジュゴンに育てられた海と空が地上の少女に出会ったのは、地球の危機や海からの警告を伝える事が目的ではないでしょうか?

実際、空は自分の身体を研究して海を守るために協力しています。

人間と海が協力し、地球を守るためのメッセージを人間に届けるのが、海と空の目的ではないかと考察します。

海と空、本人たちは、自覚はありませんが、育ててくれたジュゴンの想いが2人の中にあるのだと思います。

まとめ

今回は海獣の子供主要キャラである、海と空の正体について紹介しました。

アニメーションの中で収まる作品ではなく、海の秘密や危機を伝えてくれる作品だと思います。抽象的な表現が多い作品ですが、深く心にささるものがあります。

映画の公開もあるので、予習しておきましょう!

「海獣の子供」登場人物まとめ

海獣の子供・登場キャラクターの正体考察まとめ!声優・キャストについても

「海獣の子供」関連記事

海獣の子供は実話はなの?海と空のモデルとストーリーの元ネタは海の神話にある?

海獣の子供の対象年齢は?年齢制限や子供だと怖いのかについても

海獣の子供「海の幽霊」歌詞の意味は?映画との関係と米津玄師の想いを考察

海獣の子供・実写「トゥレップ」の内容は?劇場アニメとの関係性についても

海獣の子供の聖地・ロケ地の舞台はどこ?モデルになった水族館についても

海獣の子供の映画はジブリ作品に似てる?間違われる理由と監督についても

海獣の子供アニメ映画は内容がひどい?原作漫画との違いと監督の評価についても

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です