町田くんの世界・猪原さんの名前の意味は?伏線と一の家族構成についても

町田くんの世界のヒロインである猪原さん。

町田くんと関わることで次第に好意を抱くようになり、最終的には両思いになる結末を迎えます。

猪原さんの下の名前が実はこのエンディングの伏線として意味があるものだという事が物語で判明します。今回はその秘密を紹介します。

町田くんの世界・猪原さんの名前の意味は?

町田くんの世界でヒロイン役である猪原さん。

猪原さんは「猪原奈々」という名前があります。普通に可愛らしい名前ですよね。

しかし、原作コミックである2巻では、町田くんは猪原さんに下の名前を聞くシーンがありますが、変な名前だから・・と渋って答えないという場面があります。

正直、違和感しか覚えず、変わった名前ならわかるのですが、普通に多い名前なので渋る必要もないと私も感じていました。

実はこの渋っていた理由については、物語のクライマックスで全てわかるようになっています。実際に4巻で名前自体は明かされるのですが、意味がしっかり込められていました。

猪原さんの名前と伏線や一の家族構成について

原作コミックでは、クリスマスに町田くんの家でパーティを予定してましたが、町田くんは遅刻してしまいます。

クリスマスの街でも、迷子の男の子を助けたり、ハプニングを救っていたのが町田くんが遅刻した理由です。なので、猪原さんは町田家にいました。

町田くんが帰ってくる間に猪原奈々と母親は、いろいろな話をしていたらしく、パーティでお母さんが言いました。

「うちの家族は、一(はじめ)・ニコ(長女)・ミツオ(次男)・しおり(次女)・けーご(三男)・六郎(四男)」

「そして、奈々・・・奈々ちゃんは我が家の7番目の家族ね!」

今まで、孤独だった奈々は家族にピンときてません。

町田くんは「難しいことを考えなくてもいいんだよ。安心して、ここにいればいいだけだ」

猪原さんの両親は仮面夫婦で、また中学時代にクラスメイトから無視されたという過去を持っています。それ故に登場当初は人間が嫌いであると発言をしています。

ここで猪原さんは町田家の仲間入りをすることで、家族の暖かさを感じます。

町田くんの部屋で二人きりになった時に奈々は

「私、町田くんのお母さんみたいになりたい」
「じゃあ俺は、たくさんの子供を養えるようにいっぱい働くね」

プロポーズみたいな感じで物語はハッピーエンドします。

猪原さんが下の名前を言うことを渋っていたことは、この最後のシーンに繋がっています。それ故、奈々=七であり、七人目の子供・家族であることを意味した名前になるという伏線が隠されていました。

しかも、コミックが完結するのも「7」巻という所も意識されていたのではないかという噂もあります。

誰もが感動するシーンですよね。

まとめ

今回は町田くんの世界のヒロインである猪原さんの名前の秘密について紹介しました。

実写映画でもこの感動シーンを再現できるかはわかりませんが、伏線を表現する事が一本の映画ではなかなか難しいかもしれませんね。

名前についてのシーンがあることをファンとしては期待したいところです。

「町田くんの世界」の関連記事

町田くんの世界・猪原さんの名前の意味は?伏線と一の家族構成についても

町田くんの世界・一(はじめ)は発達障害?行動と言動・性格や特徴についても

町田くんの世界・日野は何者?誰なのか正体や原作に登場するのかについても

町田くんの世界・前田敦子は妊娠中に撮影?妊婦姿のお腹は見れるのかについても

町田くんの世界みたいな漫画は?似ている内容と理由についても

町田くんの世界・一(はじめ)の名言集!人たらしの理由についても

町田くんの世界の聖地・ロケ地はどこ?ベルモールや宇都宮駅の場所についても

町田くんの世界はアニメ化している?声優と期待される理由についても


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です