海獣の子供・実写「トゥレップ」の内容は?劇場アニメとの関係性についても

劇場版「海獣の子供」が公開になります。その後、6月15日に海獣の子供の実写作品が公開されるとの情報を入手しました。

アニメが公開されて、数日で実写版の映画が公開になるのかと驚いたと同時に、キャストも何も公開されておらず困惑していました。

今回は「海獣の子供」の実写映画についてどうなっているのか紹介していきます。

海獣の子供・実写「トゥレップ海獣の子供を探して」のあらすじと内容は?

海獣の子供の原作やアニメがそのまま実写化するわけではなく、スピンオフ作品として劇場公開されるようです。

映画「海獣の子供」を手がけたアニメ制作会社STUDIO4℃による実写作品になります。

ある男が、6本のビデオテープを残して姿を消した。それぞれ「海獣」「海」「生命」「神話」「対話」「宇宙」というタイトルがつけられたテープには、各タイトルに沿った専門家のインタビュー映像と、行方不明になった男のボイスメモ、そして21世紀の日本の街の風景が収録されており、その内容から「人類が海中で生きる可能性」が浮かび上がってくる。

映像の解析により、男はミクロネシアに向かったことが判明。現地へと飛んだ取材班は、そこでタイトルのない7番目のテープを発見する。その中には、男の最後の姿が映されていた。

「海獣の子供」でアングラード役の声優を務める森崎ウィンが行方不明の男を演じ、彼の行方をめぐるフィクションと、現実の科学者や専門家へのインタビュー映像を交えながら描き出す。

引用元:https://eiga.com/movie/91158/

以上があらすじ内容になります。

ストーリー自体もほとんど別物であり、「海」というテーマの共通しているみたいです。

劇場版「海獣の子供」アニメとの関係性について

「海」というテーマのみ共通していることと、制作スタッフはそのまま劇場版「海獣の子供」と一緒であることわかっています。

ただ、劇場版アニメも「海」をテーマにした作品なので、関係性は大いにあると思います。

人間と海の関係や、原作でも登場するストーリーの題材が切り取られたような作品だと言えます。「海獣の子供」の攻略映画ととらえてもらうとわかりやすいかもしれませんね。

見る必要があるのかどうか

海獣の子供をこれから見る人も、原作を読んだ人も気になる作品だと思います。

結論から言うと、海獣の子供を深く理解したのであれば必ず見て欲しい作品です。

6月7日に公開予定なので、劇場アニメを見てから、考察してから見てみると深く理解することができると思います。

海獣の子供自体が抽象的なシーンが多く、難しく感じてしまう作品ですが、実写映画で背景を知ることでより作品を楽しめること間違いないと思います。

まとめ

今回は海獣の子供の実写映画について紹介しました。

恐らく劇場版「海獣の子供」だけでは、原作者である五十嵐大介さんの伝えたいことが伝わらない作品になってしまう可能性も高いため、スピンオフ作品を作ったのだと思われます。

この2作品を何度も見返して、「海」の深さや意味をしっかり受け止めれるようにできれば、作者も本望ではないでしょうか。

アニメ映画を見た人は、是非、トゥレップ「海獣の子供」を探しても劇場へ足を運びましょう!

「海獣の子供」関連記事

海獣の子供・登場キャラクターの正体考察まとめ!声優・キャストについても

海獣の子供は実話はなの?海と空のモデルとストーリーの元ネタは海の神話にある?

海獣の子供の対象年齢は?年齢制限や子供だと怖いのかについても

海獣の子供「海の幽霊」歌詞の意味は?映画との関係と米津玄師の想いを考察

海獣の子供・実写「トゥレップ」の内容は?劇場アニメとの関係性についても

海獣の子供の聖地・ロケ地の舞台はどこ?モデルになった水族館についても

海獣の子供の映画はジブリ作品に似てる?間違われる理由と監督についても

海獣の子供アニメ映画は内容がひどい?原作漫画との違いと監督の評価についても

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です