海獣の子供の対象年齢は?年齢制限や子供だと怖いのかについても

海獣の子供のアニメーション映画ですが、クオリティーの高さで話題を呼んでいます。

原作を知らないけど気になるというひとも多いのではないでしょうか。

そこで、今回は海獣の子供の対象年齢や年齢制限はあるのか、子供でも見ることができるのかについて紹介していきます。

海獣の子供の対象年齢・年齢制限は?

海獣の子供の対象年齢については、公式サイトにも記載されていません。

別名、映画レイティングシステムとも言います。国によって、その基準の範囲などは変化するようです。

実際には、「海獣の子供」は年齢に関しては触れられていないようです。基本的に映画の年齢制限や対象年齢が設定されるのは、以下の条件がある場合です。

  • アダルト要素がある。露出度が高い内容を含む。
  • 出血・グロテスク ・いじめ・暴力シーンがある。
  • 麻薬・たばこについての内容が含まれる。

など、細かい決まりがあります。制限するものもあれば、このぐらいの年齢なら見ても良いよ!みたいものもあります。

「海獣の子供」の対象年齢はありませんが、現在公開されているPVやMVの映像・原作の世界観から、おおよそ規定するのであれば、12歳以上が妥当ではないでしょうか。

実際、12歳以上を対象とした作品では、ホラー要素を含んだりやや残酷なシーンがある作品に適応される対象になります。

ですが、「海獣の子供」では原作から推測すると、ホラー要素や残酷なシーンも特にありません。

では、なぜ、個人的に対象年齢は12歳以上と思ったのか紹介していきます。

「海獣の子供」は子供だと怖いのかについても

「海獣の子供」はアニメーション作品でありながら、非常に抽象的な内容の作品になっています。

また、海の恐ろしさや偉大さを表現するため、登場する海洋生物がリアルかつ恐怖を感じさせる存在として表現されています。

すでに、ネット上ではPVを見た大人でも「怖い」と感じる人が多いようです。それが作品の大事な表現方法であり、見所でもあります。

よって、中学生以上の子供でも、恐怖を感じる可能性は高いですが、しっかり作品の趣旨や内容・視聴者に伝えたい事を理解できる年齢が対象になります。

原作の漫画においても、同様ですが、アニメーションの力によってよりリアリティーが増している点を考慮する必要がありますね。

まとめ

今回は映画「海獣の子供」の対象年齢や年齢制限について、紹介していきました。

個人的には子供でも大人でも見て欲しい作品だと思います。もし、自分の子供と見に行ける人がいれば、映画を見終わったあとに考察するのをおすすめします。

特に指定されていない所にも、そういった意味があるのかもしれませんね。

「海獣の子供」関連記事

海獣の子供・登場キャラクターの正体考察まとめ!声優・キャストについても

海獣の子供は実話はなの?海と空のモデルとストーリーの元ネタは海の神話にある?

海獣の子供の対象年齢は?年齢制限や子供だと怖いのかについても

海獣の子供「海の幽霊」歌詞の意味は?映画との関係と米津玄師の想いを考察

海獣の子供・実写「トゥレップ」の内容は?劇場アニメとの関係性についても

海獣の子供の聖地・ロケ地の舞台はどこ?モデルになった水族館についても

海獣の子供の映画はジブリ作品に似てる?間違われる理由と監督についても

海獣の子供アニメ映画は内容がひどい?原作漫画との違いと監督の評価についても


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です