ピタゴラスイッチのペンギンの声優は誰?名前と設定・見分け方についても

NHK・Eテレの人気番組「ピタゴラスイッチ」。

その中でペンギン2人組の可愛いキャラクター登場します。テレビ側の子供を象徴したキャラであり、百科おじさんなどに質問するなど重要なキャラです。

ペンギン2人の声優と名前・見分け方について紹介していきます。

ピタゴラスイッチのペンギンの名前は?

ピタゴラスイッチに登場する2人のペンギンの名前は「ピタ」と「ゴラ」です。お察しの通り、「ピタゴラスイッチ」のタイトルから由来しています。

ピタとゴラはセットで登場し、何気ない疑問や不思議について百科辞典である「百科おじさん」に質問する役をしています。

年齢や性別については諸説ありますが、恐らく5〜8歳程度。世の中の事で疑問を抱く事が多い年頃だと思います。

それでは、それぞれの可愛らしい声は誰が演じているのでしょうか。

「ピタ」の声優

「ピタ」の声を演じているのは星河舞さんです。

星河舞さんは日本のベテラン女性声優です。おはスタのおはガールを会員番号0番であったり、人形アニメーションのリカちゃん人形を演じています。

現在は目立った作品には登場していませんが、1990年代はアニメ声優として活躍されていました。

主役などはありませんが、一度は聞いた事がある声だと思います。

「ゴラ」の声優

続いて「ゴラ」の声を演じているのは、西村朋紘さん。もともとシンガーソングライターでしたが、声優をメインで活動しています。

うる星やつらのチビやコタツネコ役なんかが有名です。

近年の作品であれば、ハンターハンターのキリコ役でわかる人もいると思います。有名作品であれば、「となりのトトロ」の郵便配達員や「平成狸合戦ぽんぽこ」の族長など、ジブリ作品でもちょい役を演じています。

ピタと同様、大御所声優の方になります。

「ピタ」と「ゴラ」の設定と見分け方

よくある疑問なんですが、「ピタ」と「ゴラ」どっちがどっちなのかわからない!って人が多いみたいです。見分け方ですが、

「ピタ」=灰色のペンギンでニット帽を被っている方。

「ゴラ」=紺色のペンギンでバケツをかぶっている方。

で見分ける事ができます。

ピタの被っているニット帽は昔住んでいた動物園でお世話になった飼育員のおじさんのもので、それを真似してゴラがバケツを被っている設定になります。

また、百科おじさんと「ピタ」と「ゴラ」の関係は家庭環境の様子を再現しているとされています。

しかし、読めない2人に対して世間では活字離れをしている子供たちが描かれているとメッセージ性があるという噂もあります。

NHK側の意図は、テレビの力でも十分な知識を得る事ができる教育の指針を表してるのではないかと考察されています。

そんな背景があると考えると、また違った楽しみ方ができますね。

まとめ

今回はピタゴラスイッチに登場するペンギンたちについて紹介しました。

声優の配役も昔懐かしさを出すための意味もあるのではないかと推察します。また、設定も意味があるものだとしたら、Eテレの脅威を感じますね。

ピタゴラスイッチのキャラクターたちの動向に目が話せませんね!

U-NEXT


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です