からかい上手の高木さんが西片を好きな理由は?馴れ初めと嫌われるのかについても

一風変わったラブコメディとして人気を誇る「からかい上手の高木さん」。

その主人公である西方と高木さんですが、高木さんは西方をからかうシーンが視聴者の気持ちを揺さぶります。

今回はそんな高木さんが西方を好きな理由、馴れ初めや西方に高木さんは嫌われるのかについて紹介します!

高木さんと西方の馴れ初め


本作のヒロインであり、主人公とも言える高木さん。

隣の席の西方に好意を持っていて、そんな西方に対して、一つの好きの表現として、日々様々な事をしてからかう日常が描かれています。

二人の馴れ初め・出会いは入学式の日となります。入学式早々にちょっとワケありで遅刻してしまった西片。

建前上は寝坊となってしまい、そのせいでクラスのみんなと自己紹介などが出来ずに、仲良くなるチャンスを失ってへこんでいました。

そんな中で席決めがスタートします、そして、その結果、隣の席にいたのが高木さんだったのです。この時に後の運命の二人となる西片と高木さんが出会いました。

西片が遅刻した理由は、落ちてたハンカチを職員室に届けていたからでした。そしてそのハンカチは、高木さんのハンカチでした。

遅刻してまでハンカチを職員室に届けてくれた西片の優しさに、高木さんの恋が始まります。このハンカチは後にも二人の架け橋として登場するシーンも見どころの一つです。

よって、ハンカチを拾ったことと、席が隣になったこと事がキッカケになります。

あくまでキッカケであり、ここからタイトルにあるように「からかい」を通して2人はどんどん惹かれあっていきます。

では、そんな高木さんが西方を好きな理由をまとめてみました。

からかい上手の高木さんが西片を好きな理由は?

中学校の同級生であり、同じクラスで隣の席の高木さんと西片。

高木さんが毎日のように西片に対して色々とからかいます。

西片がそれに対して色々と対抗策を考えて対抗しようとするも、結局はいつも高木さんの計算通りなり、返り討ちに合います。

からかいの中で特別な関係となっていく2人を描いた新感覚のラブコメディが「からかい上手な高木さん」になります。

誰もが一度は思うのは、「なんでこんな可愛い高木さんが西方に好意を抱いているんだ!と疑問に思う人もいると思います。羨ましい気持ちもあると思いますが。

そんな高木さんが西方を好きな理由は、

  • からかわれても飽きることなく付き合ってくれる。
  • 西方のリアクションが良い。
  • 西方が誰よりも優しい。
  • どんなことでも期待に応えてくれる。
  • 肝心な時に男気を見せる。
  • 西方が高木さんが好き

以上の6点になります。

からかわれても飽きることなく付き合ってくれる。

毎日毎日かわかわれても飽きること無く付き合ってくれる西片。

普通に中学生男子であれば、もううんざりするか、腹が立って距離を置くか考えるのが普通だと思います。

高木さんはある意味、コミュニケーションを取る手段として「からかい」「いじる」ことが手段の一つだと思います。

高木さんは西片と話すきっかけの一つである「からかい」が愛情表現のひとつなので、それを毎回受けてくれる西方が本能的に好意を抱く原因だと思います。

高木さんにとって、西方をからかうのはコミュニケーションの一つであり、人と繋がりを得る自分が一番気を遣わないため、楽=居心地が良い。と感じる故ではないでしょうか。

逆に捉えると、西方が少しでも拒絶してしまっていたら、高木さんは離れてしまっていたかもしれませんね。

西方のリアクションが良い。

高木さんのからかいに対して、西方のリアクションはいつも笑わせてくれます。

今作が面白い点の一つでもありますよね。

高木さんが期待してる通りにリアクションしてくれるだけでなく、期待以上の反応を示してくれることが多いので、からかっている高木さんからすれば、これ以上ない喜びですよね。

そんなかわいい西片のリアクションも大好きな理由の一つです。リアクションをしてくれる=自分を受け止めてくれる存在。と高木さんも思っています。

「もっと、西方に良いリアクションが見たい」から、「私のことを受け止めてくれる存在」への強い想いへと変化していく要因の一つです。

西方が誰よりも優しい。

毎日毎日からかっても嫌な顔を見せない西方は優しい男の子です。

からかいの仕返しはしようとはしますが、優しい西方は高木さんを傷つけるような言動や行動は絶対にとりません。

仕返しとなれば、もっとひどい事をする中学生男子がいてもおかしくありません。

西方はああ見えて大人な考えや、女性を思いやる配慮は中学生にしては心得ています。

からかいのやり取りの中に、たくさんの西方の優しさを感じている事も好きな理由の一つです。

もしかすると、過去に高木さんは同様にからかって、辛い想いをした経験があるのかもしれませんね。西方は模範の中学男性像ですね。

どんなことでも期待に応えてくれる。

ただ高木さんのからかいに対して、良いリアクションや優しさがあるだけではない西方。

高木さんが西方を上手く関係を持っていく力もありますが、夏休み中や休日であれば何かと理由付けば会ってくれます。買い物に付き合ってくれることもあります。

どんな事でも、西方は高木さんの期待に応えてくれます。

これは、西方も高木さんの事が好きな理由もありますが、なんでも言うことを聞いてくれる、自分を好意に思ってくれている証拠の一つと感じていることも意味しています。

見方次第では高木さんの言いなりの西方に見えがちですが、高木さんの愛情表現の一つだと思います。

肝心な時に男気を見せる。

高木さんに操られ、尻に敷かれている印象を受ける西方ですが、肝心なところでは男を見せるところがあります。

ただからかい続けられるだけの西方ではなく、高木さんをキュンとさせるシーンがあります。

  • 高木さんと一緒に帰りたかったからという言葉。
  • 貸してたハンカチの中に入っていた、ありがとうと書かれた手紙入れる。

普段は高木さんよりも一枚上手の西方ですが、上記のような行動をするうことで、高木さんはもっと西方に魅かれていきます。

ギャップ萌えというところでしょうか。「からかい」という「西方に対する愛情表現」が西方のちょっとした男気溢れる行動が高木さんを魅了する西方の魅力だと思います。

西方が高木さんが好き。

高木さんが西方を好きな理由の根底となる条件は、「西方も高木さんの事が好き」である事です。

どの理由にしても、西方が高木さんを好きでないと、からかいを拒絶したりする可能性があります。好きだから受け入れている事が大前提です。

両思いだからこそ、成り立つ関係であり、どんどんこれからも仲良くなっていくでしょう。

もしかすると、ライバルなどが登場しすれ違う事もあるかもしれませんが、2人の相性が良い事が最大の理由ですね。

高木さんは西方に嫌われるのかについて


高木さんは女性視聴者から見ると、女子からは嫌われるタイプだと言う意見が非常に多いです。

ぶりっ子で、西方しか友達がいないのではないかと言う人もいます。実際には、クラスメイトとも親しいですが、年頃なので裏ではどう思っているのかわかりません。

その事より、西方自身も高木さんを嫌いになってしまうのではないかという不安を抱く人もいます。

実際、西方も周りから付き合っているのかと問われ、頑なに認めようとはしない場面もあります。この辺は西方も思春期の男性である事を感じますね。

まだ中学生である2人なので、思春期真っ盛り。高校・大学などでライバルの登場や、周りの友人関係などで西方は高木さんを嫌いになってしまう可能性も否定できません。

ですが、スピンオフ作品の「からかい上手の(元)高木さん」が連載しているので、結果的には2人は結婚します。

10年後の設定なので、その間に一度嫌いになってしまう時期もあったかもしれませんね。

西方と高木さんが距離を置く話などあると、見てみたいですね。

まとめ

今回は「からかい上手の高木さん」で高木さんが西方を好きな理由と、馴れ初め・高木さんは西方に嫌われるのかについて考察しました。

中学生の頃の恋愛模様などを忠実に再現しており、西方と同じような経験をした事がある人も少なくないのではないでしょうか。

高木さんの可愛さは西方あってのものなので、好きな理由を掘り下げるとまた高木さんが好きになるファンもいると思います。

是非、スピンオフで結婚までの話をやって欲しいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です