サマーウォーズで花札勝負になぜナツキが代表になった?五光が揃う確率についても

2009年に公開された、細田守監督のアニメ「サマーウォーズ」。

その中でラブマシーンが、アカウントの権限を利用し、惑星を落下させようとするシーンでヒロインの夏希が栄に仕込まれた花札で勝負するシーンがあります。

なぜ、夏希が代表に選ばれたのか、そして「五光」を揃えましたが、その確率についても紹介していきます。

サマーウォーズで花札勝負になぜ夏希(ナツキ)が代表になった?

ナツキがあの一族で一番花札が強い、というのは映画全編みてもわからないという人が多いようです。サマーウォーズ内で最も謎だと言われています。

作中で実際侘助に侘助に負けていたので、花札の強さも世界を背負うほどではないことはわかります。

もちろん、ヒロインだからという事が一番の理由だと思いますが、実は説得力のある明確な理由がありました。

それは、他の代表を選出して勝ってしまった場合、ばあちゃんの遺言を無視して侘助の排除が続行される危険性が高かったと推察します。

ナツキだけがばあちゃん亡き後、大家族とわびすけの架け橋だった事が最も整合性の高い代表になった理由です。

サマーウォーズでは、大家族以外の異分子を連れ込む行動をナツキとばあちゃんだけが取っていたため、身内主義の他メンバーではドイツ少年のアバターはもらえなかったと考えられます。

あくまで推測なので、ヒロインとしての大きな見せ場として用意されたこと、未来に向けて活躍すべき若者であった可能性も否定はできませんが。

物語において、夏希が花札の代表になるべきだったと考えられますね。

原作小説では、代表になった解説がされていた


ノベライズ版のサマーウォーズでは、夏希が花札の代表に選ばれた事が解説されました。

夏希の気持ちの流れや、彼女が家族で一番花札が強く運もいい、などの描写が描かれていました。

映画版では上記の理由が考察できましたが、実際は運の良さがもともとあった事がわかります。

選ばれくしれ選ばれた代表だったという訳ですね。

花札(こいこい)で五光が揃う確率について

今作では「五光」と呼ばれる最強クラスの役が登場します。

いくら夏希が強くて、運があっても「五光」は奇跡という人が今作を見て思う人がいました。

花札をよく知らない人のために、「五光」が揃う確率について紹介します。

親や状況によって左右するのですが、およさ0.005642%になります。

まぁ、揃いませんよね。ただ、相手の狙う役の状況次第では確率は大きく変化するものの、それでも相当低い確率になります。

サマーウォーズ内で、夏希は神引きだった事がわかりますね。

まとめ

今回はサマーウォーズでなぜ夏希が代表に選ばれたのか考察しました。

また花札(こいこい)の「五光」が揃う確率についても紹介しました。

色んな意味を含めて、夏希が代表である必要があった事がわかりますね。作中でも名場面で、印象的なシーンなので是非、夏希の闘志にを見守りましょう!

「サマーウォーズ」関連記事

サマーウォーズ・名言セリフ一覧!陣内栄の遺言や健二の言葉についても

サマーウォーズ・自衛隊「ちょっと言えないとこ」の意味は?所属と車両についても

サマーウォーズ・ノーカット版の違いはどこ?省略されたセリフや金ロー放送時間を比較

サマーウォーズ・原作小説と映画の違いは?オマージュやスピンオフ作品についても

サマーウォーズ・死ぬほど難しい素因数分解暗号の回答は?意味と元ネタについても

サマーウォーズで花札勝負になぜナツキが代表になった?五光が揃う確率についても

サマーウォーズ・侘助おじさんは誰の子?栄おばあちゃんとの関係についても

サマーウォーズでなぜ健二だけ犯人扱いされた?55人が疑われなった理由についても

サマーウォーズ・健二はなぜ鼻血を流した?数式計算能力が天才な理由についても


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です