未来のミライ・右手のあざの意味は?ミライちゃんにしかない理由についても

細田守監督の作品「未来のミライ」。

くんちゃんの妹「ミライ」ですが、右手の目立つ場所に「あざ」があります。

今回はその「痣」の意味やミライちゃんにしかない理由について紹介します。

未来のミライ・右手のあざの意味は?

ミライちゃんの右手には生まれつき痣があるという設定です。

兄であるくんちゃんが赤ちゃんのミライちゃんの手のひらを初めて覗き込んだ時には既についていたものでした。

お母さんや他の大人たちはその痣について「将来ミライちゃんが気にしないか」と心配する様子を見せていました。

他のアニメ作品であれば、特定の痣がある場合、必ず何かしらの伏線が隠されています。特殊な能力をもっていたり、王家の血を継ぐなど、重要な事が大半です。

しかし、未来のミライでは作中では伏線を回収するエピソードは登場しませんでした。

よって、ミライちゃんの痣の意味として考えられるのは、くんちゃんが未来のミライちゃんを見分けられるためにつけられた設定だけという事になります。

くんちゃんは赤ちゃんの時のミライちゃんの痣の事を知っており、その後に制服姿でやってきた未来のミライちゃんを見て「もしかして未来のミライちゃん?」と気づくシーンがあります。

さすがに高校生くらいになっていると赤ちゃんの面影はないと思うので、明確にミライちゃんと判別する事ができる材料で痣があったと思われます。

また、物語クライマックスのシーンでも、謎の世界で迷子になったくんちゃんは痣のついた赤ちゃん、つまりミライちゃんを見つけて守ろうとしており、その後に痣を見て未来のミライちゃんが来てくれたことを判別していました。

ミライちゃんと判別する以外の意味はないと思います。

ミライちゃんにしかない理由について


一方で、今作「未来のミライ」は酷評される事が多いのですが、細田守監督が視聴者側に伝えたかった内容・設定があるのではないかという説もあります。

本編では、未来からきたミライちゃんが、雛人形を片付けていない事に言及するシーンがあります。

雛人形を期間内に片付けないとお嫁にいけないという迷信があります。

その事と、痣がある=傷物。と掛けているのではないかという説もあります。

普通に見ていては、ここまで考察する事が出来ないのですが、あらゆる場面で断片的に設定を散りばめ、それぞれにメッセージを込められているのではないでしょうか。

その事が伝わりにくいため酷評されてしまった要因の一つでもあります。

よって、ミライちゃんの痣は、視聴者側で解釈を求めていると考察します。

まとめ

今回は未来のミライでミライちゃんの右手にある痣の意味と理由について考察しました。

放映当時もあざについての回収がなかったため、かなり批判されたようです。

しかし、何度も今作を見返していき、監督が伝えたい事をそれぞれで考察してみるのとまた違った楽しみ方ができます。

個人的には、過去作に引けをとらない作品だと思うのでおすすめです。

「未来のミライ」関連記事

未来のミライはなぜアカデミー賞にノミネートした?賛否両論な理由についても

未来のミライ・遺失物係(駅員)の声優は誰?「忘れ物」の意味についても

未来のミライで幼少期のお母さん(少女)の声優は誰?雑賀サクラは何者?

未来のミライ・右手のあざの意味は?ミライちゃんにしかない理由についても

未来のミライ・キャラクターデザインは誰?貞本義行がいない理由についても

1 個のコメント

  • 痣については、先天性だと作中で説明されていますよ。
    有名人にもいますよね。稲葉さんとか。
    批判の記事は呼んだことないですが、「一日一年」などと、雛人形の片づけに拘るのも、痣の所為で行き遅れの無い様に願をかけているのでしょう。
    作中に流れる「幸せに育ってほしい」という思いに帰結していますので、回収されていないなどという批判は当たらないでしょう。
    重い病気や障害でないと不幸認定できない人たちがいるのでしょうかね。
    タイトルにあるキャラクタがヒロインでなければならない訳もありません。「もののけ姫」の主役は「もののけ姫(サン)」ではなく「アシタカ」ですよ。「未来のミライ」の主役は「くんちゃん」でしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です