未来のミライ・遺失物係(駅員)の声優は誰?「忘れ物」の意味についても

細田守監督の「未来のミライ」が2019年7月12日に金曜ロードショーで地上波放送されます。

細田守監督の作品では声優を俳優起用する事が多いのですが、今作で誰もが気になる声のキャラが遺失物係(駅員)の声です。

今回はその駅員は誰なのか、また、「忘れ物」についても紹介します。

未来のミライ・遺失物係(駅員)の声優は誰?

遺失物係の声優は、神田松之丞さんです。

神田 松之丞(かんだ まつのじょう、本名:古舘 克彦(ふるたち かつひこ)、1983年6月4日)は、日本の講談師。日本講談協会および落語芸術協会所属。2017年時点で二ツ目でありながら、独演会では定員数百人の会場を満員にするなど新進気鋭の講談師として注目を浴びている。2020年2月に真打昇進とともに6代目神田伯山を襲名することとなった。

引用元:ウィキペディア

人気講談師であり、TVなどにも出演し見たことがある人も少なくないのではないでしょうか。

講談師であるがゆえ、喋りに関してはスペシャリスト。ですが、無機質なキャラなので誰かわからない人もいました。

印象的なのには明確な理由がありましたね。また、駅員のキャラも未来のミライを見た人なら、好きになる意外な人気キャラとしても有名です。

(遺失物)忘れ物の意味について

 

くんちゃんがワガママを言い家出をすると行先不明の電車で見慣れぬ東京駅に着きます。

不安になったくんちゃんは家に帰りたいものの帰り方が分からず途方にくれて、気がつくと子供たちの並ぶ遺失物預り所に並んでいました。

この遺失物預かり所で「忘れ物」として預かっているものは、「自分自身」になります。

落し物(忘れ物)を返してもらうには、自分のものだと証明できるものがないと返してもらえることはできませんよね。

くんちゃんは遺失物係に何をなくしたのか問われた時、「迷子」と答えます。自分自身が遺失物である事がわかります。

なので、今回の場合、自分自身(くんちゃん)を証明できないと、お父さんとお母さんの名前も出てきません。

ここでの「忘れ物」の正体は、迷子になったくんちゃん自身という事になります。

まとめ

今回は未来のミライで遺失物係(駅員)の声優は誰なのか紹介しました。

遺失物係が登場するシーンは印象的で、物語の中でもかなり重要なポイントになります。

作品的にも、理解が難しい部分が多いため、賛否両論の作品ですが、一つ一つ噛み砕いていくと奥が深い素晴らしい作品だと思います。

今回の記事がその助けに少しでもなれば幸いです!

「未来のミライ」関連記事

未来のミライはなぜアカデミー賞にノミネートした?賛否両論な理由についても

未来のミライ・遺失物係(駅員)の声優は誰?「忘れ物」の意味についても

未来のミライで幼少期のお母さん(少女)の声優は誰?雑賀サクラは何者?

未来のミライ・右手のあざの意味は?ミライちゃんにしかない理由についても

未来のミライ・キャラクターデザインは誰?貞本義行がいない理由についても


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です