YouTuberヒカル・顔の絆創膏の原因は何?いつ怪我したのか理由についても考察

人気YouTuberのヒカルさんが、映画ダイナー主演の藤原竜也さん・監督の蜷川実花さんに独占インタヴューをした動画が公開されました。

ヒカルさんは、左の顎下あたりの顔に絆創膏を張っており、誰もが気になっていました。

今回はその絆創膏の原因といつ怪我したのか考察しました。

YouTuberヒカル・顔の絆創膏の原因は何?

原因についてはネット上では様々な憶測がネット上で上がっていますが、本人は特に絆創膏については触れていません。

しかし、ヒカルさんが憧れる俳優である藤原竜也さんに対面するのに、ちょっとした傷で絆創膏を貼ることが考えられないので、結構目立つ傷があるのではないでしょうか?

原因として考えられる、顔に絆創膏をはるパターンは、

  • 殴られる。
  • キスマークをつけられる。
  • シミ取りをした。
  • 髭剃りをミスした。

などが考えられます。

殴られた可能性はヒカルさんの周りではないですし、恐らく動画にすると思います。キスマークに関しては、仕事にストイックなので、許さないと思います。

髭剃りは恐らく脱毛処理していると思われるので、可能性は低いです。

この中で最も有力なのは、シミ取りをしていたのではないでしょうか?

その修復が間に合わなかった可能性はあります。

いつ怪我したのか理由についても考察

いつ怪我したのか?絆創膏をつけたのかツイッターより考察しました。

6月25日には絆創膏はありません。7月6日のツイッターには既にあります。

ただ、ダイナーの公開記念舞台挨拶は、7月5日、6日だったので、5日に訪れたと思われます。

よって、6月25日〜7月4日の間ではないかと考察します。

早く、治ることを祈ります。

ネットの声


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です