ライオンキング・ムファサの死因は転落死ではない?ヌーの群れの威力についても

ディズニー映画ライオンキングでは、シンバの父親であるムファサはスカーの策略によって、亡くなってしまいます。

実はその死因は転落死ではないと噂されています。

今回はムファサの死因とヌーの大群の威力について紹介していきます。

ライオンキング・ムファサの死因は転落死ではない?

ライオンキングのムファサは崖へ落ちて、亡くなってしまいます。このシーンは誰もが悲しむシーンであると共に、シンバが大きく成長するキッカケになる大事な場面です。

このシーンは崖から落下した衝撃でムファサは生き絶えたと思われているのですが、実はそれだけではありません。

直接の死因となった可能性はいくつか考えられます。

  • 崖から落ちて打ち所が悪かった。
  • ヌーの大群にひかれて、激しいダメージを受けた

この2つが考えられますが、ライオンの運動性能を考えれば、上手く受け身を取る事が可能です。

よって、最も考えられる死因は、ヌーの群れの威力が大きいと思われます。

ヌーの群れ(大群)の威力について


ヌーは、時にライオンをおびやかすく程の力を持っています。衝突すれば、もちろん無事では済みません。

作中ではシンバを助けるまでは、ヌーと衝突しないように忠告していましたね。

もちろん、百獣の王であるライオンが、ヌーと戦えば、勝敗は家までもありません。

しかし、今回のような大群であれば、ライオンでさえもいくら無防備な状態であっても敵いません。

ライオンキングでは動物界の物語が語られています。

よって、ヌーでも大群であれば、ライオンでさえも倒されてしまいうという自然界・動物界の恐ろしさを表現していると思われます。

この意味も含め、ムファサの死因はヌーの大群の威力ゆえだと考察します。

まとめ

今回はライオンキング・ムファサの死因・ヌーの大群の威力ついて紹介しました。

ムファサが亡くなるシーンは本当に悲しいシーンです。身近のスカーに裏切られれ、ショックも大きかったと思います。また、シンバの事も心配だったと思います。

しかし、それまでにシンパに意思を引き継いでいたことから考えると、今回のような事がいつ起こるかわからいことを感じていたのかもしれませんね。

色々な観点でライオンキングを見てみると、また違った楽しみ方ができます。

「ライオンキング」の関連記事

ライオンキング実写版の撮影スポットはどこ?舞台やロケ地のモデルについても

ライオンキング・ティモンの動物の種類は何?実写版の声優についても

ライオンキング・ムファサの死因は転落死ではない?ヌーの群れの威力についても

ライオンキング・ムファサの名言集!セリフや魅力的な言葉の意味についても

ライオンキング・スカーの名前の意味と由来は?本名の訳についても

ライオンキング実写版の動物はフルCG?どうやって撮影したのかについても

ライオンキング・ナラの父親は誰?原作に登場するのかについても

ライオンキングの原作・元ネタは存在する?神話の法則や逸話についても


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です