異世界チート魔術師・カシムの正体は何者?腕が切れたのは左右どっち?

異世界チート魔術師のアニメが絶賛放送中です。

その中で登場するキャラ・カシムですが、原作を知らない人からするとかなり怪しいキャラクターと思う人も多いはずです。

今回はカシムの正体や腕が切断されるシーンがあるのですが、話題になっているので紹介していきます。

異世界チート魔術師・カシムの正体は何者?

カシムは農夫として登場します。アニメの公式HPでも以下のように紹介されています。

アズバイヤ郊外で農園を営む農夫の一人。

農園を荒らす盗賊を撃退するため、冒険者ギルドに依頼をかけるが・・・。

引用元:異世界チート魔術師・アニメ公式HP

完全に怪しいキャラクター概要説明になっていますね。

ここからはネタバレになります。

カリムの正体は魔術師になります。また、主人公の太一たちの前に立ちはだかる敵として登場します。

よって、カリムは本作の黒幕であり敵になります。

カシムの腕が切れたのは左右どっち?

カシムは原作では腕が飛ばされてしまうシーンがあります。

既にオーバーラップ作品として、コミックが発売されています。このシーンは再現されているのですが、左右どちらの腕が飛ばされたのかわからない描写が登場し、ファンからは話題になっています。

コミック3巻171ページの1コマ目で、カシムは左腕を切断されているのに、4巻57ページでは右腕が切断されています。

話の流れには影響ありませんが、気になる人が多数存在しました。

このシーンの真相ですが、作者のミスだったとされています。

よって、最初に切断された左腕が実際に切られた腕になります。

まとめ

今回は異世界チート魔術師のカリムの正体について紹介するとともに、コミックで話題になった切断された腕は左右どっちなのか紹介しました。

かなり謎が多いキャラですが、主人公たちのチートをカリムがどう立ち向かうのか、逆に楽しみですね。

アニメ版でも重要なキャラクターなので、チェックしておきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です