Heaven?ご苦楽レストラン・諦観の意味は何?使い所についても

Heaven ご苦楽レストランのドラマがTBS系列にて放送中です。

ドラマ内ではCGでキャラごとの感情に合わせ、頭の上に文字が浮かび上がります。

最も多く多用される今作の主軸ともなるワード「諦観(ていかん)」。今回はその意味と使い所について紹介していきます。

Heaven?ご苦楽レストラン・諦観の意味は何?

諦観(ていかん)の漢字を見ると、「諦める」という字が使われていますが、「あきらめる」とは違った意味を持つ言葉です。

意味は「物事など入念によく見ること、本質をはっきりと見極めること、事態を察ること」です。

今作でもオーナーを務める、主人公・黒須仮名子(石原さとみ)に対して他の店員たちが諦観しています。

「〜はどうでしょうか?」と提案しても、あっさり断られてしまう事が多いのですが、スタッフたちが黒須を信頼している・本質を見抜いているから諦観と頭に浮かぶわけです。

その他にも第一話では、客層が変わってしまったことに対して、常連客から「次の店は来ます!」と言い残し、諦観の文字が浮かび上がります。

客も、今の現状に満足はしていないものの、シェフの事・店の未来を思った上での諦観ということになりますね。

この言葉は普段でも使う事ができると思います。では、どのように使って行けばよいのでしょうか?

諦観(ていかん)使い所について

諦観の使い所ですが、上記で紹介した客の気持ちがわかりやすいです。

物事の本質・事態を察する事を意識して使えば間違っていません。

よって、目の前で怒っている出来事や、相手が何かをしようとしている事やチャレンジすることに対して、反対の意見を持った時に、俯瞰して距離を取って考えてみ場面が使い所です。

結果的にその人がどうなるのか?想いや気持ちなども踏まえ諦観してみると良いかもしれません。

その上で、意見するとより、内容の濃いアドバイスが出来ると思います。

ある意味、冷静になる事と似ていると個人的には感じます。

まとめ

今回はHeaven?ご苦楽レストラン・諦観の意味や使い所について紹介しました。

ネット上では賛否両論ありますが、諦観するという考えは私たちの生活の中でも大事な事だと思います。

今作をみて、諦観ってなんだ?と思った人は是非、参考にしてもらいたいですね。

Heaven?ご苦楽レストランのドラマ・無料視聴方法

「Heaven?ご苦楽レストラン」の関連記事

Heaven?ご苦楽レストラン・シェフ小澤役の俳優は誰?過去出演作についても

Heaven?ご苦楽レストラン・諦観の意味は何?使い所についても

Heaven?ご苦楽レストランの謎の紳士の正体は何者?登場回についても


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です