ドラゴンクエストユアストーリー映画感想・面白いのかつまらいのかネットの声まとめ

ドラゴンクエストのCG映画がいよいよ公開になりました。

ドラクエファンは公開前から期待と不安が渦巻いていたと思います。

実際、見に行ってきたので感想や面白いのかつまらないのかネットの声をまとめてみました。

ドラゴンクエストユアストーリー感想・面白いのかつまらいのか?

結論から述べると中盤まではかなり面白かったです。

原作ゲームのファンもかなりコアな人が多いのでアニメ化して大丈夫なのか?と不安になる人も多かったと思います。

しかし、ある程度緩めの気持ちで見ると、全然面白い内容であり、演出や映像に関してもかなり評価は高いのではないでしょうか?

個人的にはよかったです。

ですが、問題は終盤と結末にあります。

終盤の設定が変わりすぎている(ドラクエⅤ)

ここからはネタバレになるのですが、

「実はこの世界はVRゲームの世界で、主人公はそのプレイヤーだった」というオチです。

まさにジェットコースターのような気分です。一気に急降下した気分になりました。

まさかの展開すぎますね。

中盤まではドラクエVのゲームの世界を彷彿させる展開で非常に楽しめました。

ラストではウィルス(ミルドラース)を、スライムからもらったロトの剣?のようなワクチンで倒す展開にはついていけませんでした。

「なるほどな・・」と納得はできるものの、何か腑に落ちない展開でした。正直、王道のストーリーをそのまま進んでいればスッキリでしたね。

映像美は楽しめる

さすがに近年の作品であるため、映像に関しては言うまでもなくよかったです。

このまま、ドラクエVのゲームにしてしまえば、かなりヒットすると思った人も自分だけではないのではないでしょうか。

敵(モンスターが弱い)

登場する敵モンスターたちですが、基本的にかなり弱くあっさり倒してしまい、苦戦をそこまで強いられませんでした。

強いて言うなら、ブオーンとゲマは強力でした。

その他のゴンズとジャミはリュカ(主人公)の幼少期からの因縁の敵だったため、苦戦するものの、終盤はあっさりでしたね。

おそらく最後のオチがメインとなっていたからではないでしょうか。

話のテンポ・ペースがかなり早い

体感的にですが、かなりペースは早い印象でした。

よって、話の細かい部分は一気に進み、ついてはいけるものの、あっさりした展開でした。

ゲームのストーリーはかなり長編なので、それをまとめる意味ではうまくまとまっていたのではないでしょうか。

もし、これから見る人は、最後の結末を覚悟した上で見に行くと逆に楽しめるのではないでしょうか。

自分を含む、不安に思っていた人からすると、期待以上ではありました。

結末がよければ、かなり良作ではないでしょうか。

ネットの声まとめ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です