Heaven?ご苦楽レストランのロケ地・聖地はどこ?ロワンディシーのモデルについても

TBS系ドラマ・Heaven?ご苦楽レストランが絶賛放送中です。

今作でメインの舞台となるのは、石原さとみ演じるオーナー黒須が経営するロワンディシー。撮影した場所は実在する場所になります。

今回、ロケ地や聖地、撮影のモデルになった場所を紹介します。

Heaven?ご苦楽レストランのロケ地・聖地はどこ?

基本的にHeaven?ご苦楽レストランのロケ地はレストランで起こる内容がほとんどになります。

たまにレストラン以外でのイベントも起こりますが、メインとなる撮影場所はロワンディシーになります。

まずは、現段階で登場したレストラン以外での場所を紹介します。

伊賀観(福士蒼汰)が働いていたレストラン

第1話で福士蒼汰演じる伊賀観が最初に働いていたフレンチのレストランです。

現在、リニューアルし「シャンソニエ」から「ジャルダン ド ヨノ」になっているようです。

ロワンディシーのメンバーで偵察に行ったレストラン

ロワンディシーのメンバーたちで、他のレストランの偵察に伺った場所です。

偵察とバレないように行きましたが、バレバレの行動でした。しかし、相手の店員の天然ぶりもあり、バレなかったですね。

伊賀観と黒須仮名子(石原さとみ)が買い出しをした商店街(コロッケ屋)

伊賀観と黒須仮名子が一緒に買い出しに行った商店街ですね。

黒須の命令でコロッケを買わせた場所も健在です。昔懐かしい雰囲気を醸し出している商店街になります。

伊賀観が電話で話していた場所(母親と観光した場所)

長崎から東京へやってきた伊賀観の母親が息子を連れて観光した場所です。伊賀が電話をしていた場所でしたね。

外観から赤レンガ倉庫だとすぐわかる人も多いと思います。

伊賀観と母親がいた中華街(横浜中華街)

横浜の観光地として非常に有名な横浜中華街。

作中ではTVに伊賀と伊賀母親が写しだされたシーンになります。

やすらぎ会館(思い出の里会館)

ロワンディシーのオープニングパーティーの際にトイレが完成しておらず、借りる事となった場所です。

ロワンディシーのモデル・メインの撮影場所

今回のメインとなるロケ地・ロワン・ディシー。最終回まで登場するのは間違いないでしょう。

モデルとなったのは、彩の国フォーシーズンメモリアル。実はレストランではありません。隣に墓地がある場所になります。

先ほど紹介したやすらぎ会館は建物の裏手にあるので、場所は変わりませんね。

まとめ

今回はHeaven?ご苦楽レストランのロケ地・聖地や、ロワンディシーのモデルについて紹介しました。

今後もまだまだ新たなロケ地が追加されていくと思います。

わかり次第追記していきますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です