にこにこぷんの放送時期はいつだった?当時見ていた人の今の年齢についても

NHKの子供向け番組「にこにこぷん」が60年を記念し、再放送されたことが話題となっています。

当時見ていた人は懐かしすぎるとネット上でも歓喜する声も。

そこで、いつ放送してたっけ?と疑問に思う人も多いと思いますので、紹介していきます。また、当時見ていた人は、現在の年齢はいいくつ何でしょうか?

にこにこぷんの放送時期はいつだった?

「にこにこぷん」は、現在の「ガラピコぷ〜」までに至る「おかあさんといっしょ」の人形劇シリーズの過去の人気作となっています。

にこにこぷんの放送時期は、

1982年(昭和57年)から1992年(平成4年)の10年間放送されていた大作になります。

じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりの3人が共に笑い、時には喧嘩をして泣き、またあるときは冒険をしたりする、勇気と友情あふれる物語になります。

では、当時見ていていたひと、懐かしいと思った人は当時どの年齢だったのでしょうか?

当時見ていた人の今の年齢について

当時見ていた人たち、今回再放送を見て懐かしいと思った人たちはの年齢はだいたいバレますね。

推定ですが、現在30〜35歳前後の人が懐かしいと思う人です。

また、その当時親世代の人たちの方が鮮明に覚えているのではないでしょうか?

そうなると60〜70前後くらいの親世代も懐かしい作品となっています。

今見ても全然楽しめる内容となっており、現在に至る人形劇の原点を感じますね。

ネットの声

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です