シラフ知らずの編集者の正体は何者?意味や音楽BGMについても

チャンネル登録者数10万人超えの「シラフ知らず」。独特で不思議な世界観の動画で視聴者を魅了しています。

今回は「シラフ知らず」の編集者・運営者の正体は何者なのかについて調査しました。またチャンネルの意味や音楽・BGMについても紹介していきます。

シラフ知らずの編集者の正体は何者?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Prototype II(今回) ⑤36 ④22 ⑥20 ①20 ⑦19 ②13 ③9 Prototype I (前回) ①49 ⑦34 ②21 ⑥18 ⑤16 ④9 ③8

シラフ知らズさん(@shirafushiraz)がシェアした投稿 –

シラフ知らずの配信している動画は、無機質でありながらもメッセージ性の強さを感じる不思議な動画ばかりです。

一般的なYouTuberと違う点は顔出しをせず、あえてテロップの表示のみでほとんど文字のみで解説する動画。

テキスト動画とは違い、文字の破壊力を見せつけられます。ドラッグの恐ろしさなどを訴えてかけています。

一体誰が運営しているのか気になる人も多いはずです。

その正体・中の人は誰なのか、調査しましたが確実な情報を見つける事ができませんでした。すみません。

なので、どんな人なのか考察してみました。

まず、英語が得意な部分で、海外の方・外国人の可能性も高いのではないでしょうか。

もしかすると、ドラッグ廃止に働きかける団体が匿名で動画配信している可能性も考えられます。

若者へドラッグの恐怖などを指導する上で、講演などの啓発活動を行うよりもYouTube上で動画投稿をした方が確実に拡散される世の中です。

しかも、独特の世界観を表現できるデザイナーなどとタッグを組む、または害虫して配信している事も考えられますね。

そして、圧倒的な知識量も驚く点です。一般の人が調べた内容にしては情報量が凄まじいです。

おそらく知識に関しても専門家などを雇っている可能性が非常に高いですね。

何れにせよ、ただの素人が一人で配信を行なっている可能性はかなり低いのではないしょうか。

専門家やプロを巻き込んで啓発していると考えた方が自然ですね。

「シラフ知らず」のチャンネル名の意味やかっこいい音楽BGM

「シラフ知らず」の意味についてですが、「シラフ」の意味がわかれば、納得できます。

シラフ」は 「お酒を飲んでいない状態」や「普段・普通の状態」を意味します。 お酒が嫌いな人だと、飲み会では常に「シラフ」の状態とされています。

要するに、動画などで配信されている内容で、「ドラッグ」なども含め「普通の状態」=「シラフ」を知らない人に向けて動画を配信している意味をさします。

今の自分の状態を理解・分析しようという意味がチャンネル名に込められていると考察します。

また、独特の映像の世界観だけでなく、かっこいいBGMも気になる人は多いと思います。

BGMで流れているトラップミュージックと不思議な世界観がこれほどマッチするのも類をみないと思います。

このBGMは、Freek van Workumの音楽を使用しています。

オランダの音楽家で、公式でフリーダウンロードできるので音楽としてもかなりおすすめになります。勉強や作業においても活躍するBGMですね。

映像編集のセンスやBGMのチョイスのバランスが抜群に良いですよね。

まとめ

今回は「シラフ知らず」の正体は何者なのか、チャネル名の意味やかっこいい音楽BGMについて紹介・考察しました。

今後も登録者数ともに増加することは間違いないチャンネルになります。

今の内に過去の動画も見ておきましょう。良いチャンネルであることは間違いありません。

新しい情報が入れば追記していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です