村上信五・オリンピックメインキャスターのギャラはいくら?ヒナちゃんの由来は?

関ジャニ∞の村上信五さんがフジテレビ系列の2020オリンピックのメインキャスターに抜擢されました。

歴史上においても、素晴らしい功績になる事は間違いありませんね。

そこで気になるのは、オリンピックメインキャスターのギャラです。単なるテレビ出演とはものが違います。

ネットの声を元に予想してみました。また、ヒナちゃんと呼ばれている理由も紹介します。

村上信五・オリンピックメインキャスターのギャラはいくら?

オリンピックのメインキャスターに抜擢された村上信五さん。

すでに、関ジャニ∞としても個人としてもメディア関係で大活躍されているジャニーズアイドルです。

テレビなどで、ギャラが非常に高いと噂されています。すでに、かなりの額、億に至る稼ぎをしているとのことです。

今回のオリンピックメインキャスターに抜擢された時に、さらに大きく稼げるのではないかと話題になっています。

しかし、オリンピック自体は国民みんなで作るスポーツ精神に乗っ取った大イベントになります。

実は、大半がボランティアとなっているのが現状です。

よって、オリンピックメインキャスターでの村上信五さんは直接的な収入は少ないのではないかと思われます。

しかし、メインキャスターを無事に遂行する事により、村上信五さんは誰にもない大きなブランド力を持つようになります。

今後もMCでの抜擢など、更なる活躍が期待されますね。

TV業界で生き延びるための最大の武器を手に入れてしまう結果になると思います。

出演のギャラよりも、大きな報酬が手に入るのは確定ですね。

ヒナちゃんの由来は?

村上信五さんがメインキャスターに抜擢された時に、「ヒナちゃん」というワードをちらほら目にします。

いったいどこが「ヒナちゃん」なのか謎に思う人も多いと思います。

実は、ヒナちゃんとは、女優・タレントである「雛形あきこ」さんから由来しています。

目元が似ているからという事で、マツコデラックスさんが命名したようです。

言われてみればそうですが、あだ名になるあたり、村上信五さんのキャラクター故だと思いました。

ネットの声まとめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です