天空の城ラピュタ・ゴリアテの意味や由来は?飛行船の構造についても

宮崎駿監督の名作・天空の城ラピュタ。

ムスカや政府軍が乗る超巨大飛行船ゴリアテが物語中盤で登場します。

今回はそのゴリアテの意味や由来・飛行船の構造について紹介します。

天空の城ラピュタ・ゴリアテの意味や由来は?

物語中盤の登場する「ゴリアテ」。政府軍が保有する大型の飛行戦艦で、ラピュタ探索の為に軍が派遣したものになります。

飛行船の一種で形状は楕円形で完全なる装甲飛行船になります。モウロ将軍(こざかしい兵士)も「素晴らしい船だ」称賛していましたね。

このゴリアテには意味・由来が存在します。

旧ドイツ軍の「自走式爆弾ゴリアテ」から由来しています。

そして、この自走式爆弾ゴリアテは、旧約聖書に登場するダビデに倒された「巨人兵士ゴリアテ」の話から由来しています。

その意味は「弱小な者が強大な者を打ち負かす」という意味で名付けられました。

また、ゴリアテは3m近い巨人の兵士であり、

  • 力づくで物事を解決する人
  • 強大な権力で横暴な人への渾名
  • 力におごって力に滅ぶ人の意味

も含まれています。

まさに、ムスカ含む政府軍の末路を表しています。

横暴かつ力で支配しようとするムスカたちを象徴しています。

ここまで明確な意味がある設定にしていると考えてもどこまでも考えられた内容は鳥肌ものですね。

飛行船の構造について

続いてゴリアテの飛行船の内部構造です。

ゴリアテの各部にプロペラが備わっており、そのプロペラによって浮遊、推進している。プロペラが停止している状態でも空中に浮遊も可能です。

戦艦には主砲、速射砲、対空砲など数多くの重火器を備え付けてあり、戦艦低部にある主砲はロボット兵の装甲を破壊させられる位の強力な火力があります。

また、全長300メートルの巨大な戦艦ながらも、速力は100キロを簡単に超え、航続力も16000キロとずば抜けた力を持っています。

このような飛行船は第一世界大戦頃から実際に登場しています。しかし、軍用としては欠陥的な部分も多く、撃墜されやすいなど問題が多い乗り物であったとされています。

上記で述べた「力」を象徴していますね。

しかし、飛行船は究極に軽量化された構造をしており、鉄骨が肉抜きされています。強度も足りずワイヤーによる補強が必要だそうです。

その上船体が長大だから横風を受けるだけでも危険。旋回を行うと船体が”たわむ”ぐらい柔い材質になっています。

よって浮遊することが容易なのですが、見た目の重厚さとは逆にかなり脆い内部構造となっています。

まさに、意味と合致する構造となっています。

あえて、「天空の城ラピュタ」で飛行船を取り扱ったことの奥深さも垣間見ることがきます。

まとめ

今回は天空の城ラピュタ・ゴリアテの意味や由来、構造について紹介しました。

曖昧な設定ではなく、どこまでも深い意味や由来を持たせており、飛行船を登場させたことも考え抜かれていることがわかりますね。

宮崎駿監督の采配に感動しますね。スタジオジブリ作品が長くに渡り幅広い世代に愛される理由かもしれませんね。

「天空の城ラピュタ」関連記事

天空の城ラピュタ・ムスカはなぜ目をやられた?その後や死亡したのか考察

天空の城ラピュタ・パズーはなぜトランペットを吹く?理由と母親の存在について

天空の城ラピュタ・ゴリアテの意味や由来は?飛行船の構造についても

天空の城ラピュタ・ムスカのモールス信号の意味は?解読内容まとめ

天空の城ラピュタ・結末の意味は?パズーとシータのその後について考察

天空の城ラピュタ・破壊の言葉(呪文)バルスの意味は?時間はいつなのかについても

天空の城ラピュタ・ポムじいさんの正体は何者?設定や小鬼の意味についても

天空の城ラピュタはなぜ滅んだ?ゴンドアの歌の意味から理由を考察

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です