天空の城ラピュタ・ムスカのモールス信号の意味は?解読内容まとめ

宮崎駿監督作品の名作・天空の城ラピュタ。

その中で序盤に悪役であるムスカがモールス信号を打つシーンがあります。またドーラが信号を解読するシーンでも登場します。

その意味を解読内容について紹介していきます。

天空の城ラピュタ・モールス信号の意味や解読内容

天空の城ラピュタでモールス信号が登場するのは計4回となっています。

  • 序盤、ムスカが信号を送るシーン(1回)
  • ドーラがパズーの自宅で信号を読み取るシーン(3回)

それぞれ、紹介していきます。

序盤のムスカが信号を送るシーン

ムスカが冒頭部分にモールス信号を打つシーンがありますね。

あの信号音は耳について離れないですよね。口ずさめと言われたら普通にできるという人も多いほど、不思議と印象的なシーンになります。

気になるのはどんな信号を送っているのかという所です。

まず、序盤の飛行船の上で打っているモールス信号は、

「VVV」

試験信号になります。内容としては「本日は晴天なり」という意味になります。

挨拶がわりのモールス信号となります。送信先にコンタクトを取っていたのだと思います。

その時に、背後からシータに瓶で殴られてしまい、気を失ってしまいます。

よって、まだ伝達する暗号は送信されていないのではないかと推察できます。

ドーラが読み取った信号の意味

続いて、2回目に登場するモールス信号です。

シータを取られてしまった失意のパズーが家に帰った時にドーラが解読しているものです。

こちらの意味は「fidelity」になります。意味は「忠実」です。

その直後にゴリアテが映し出され、3回目のモールス信号は、

「manufacture」=「手作り」

という意味になります。

そに意味を捉えたドーラが反応しているところで4回目のモールス信号。

こちら意味は、studio」=「スタジオ」

になっています。

まとめると、

fidelity manufacture studio」=手作りに忠実なスタジオ

となります。

実はこのシーンでは全く関係のない内容のモールス信号を発信している事になり、意味としては「スタジオジブリ」の事を表していることになっています。

完全に製作者側の遊び心だと思われます。

ファンからすると、この内容驚きであり、嬉しくもありますね。

まとめ

今回は天空の城ラピュタに登場するモールス信号の意味や解読内容について紹介しました。

まさか単なる信号ではなかったことには驚きですね。

ドーラが持っているメモ帳にも、「ANGO」と書かれていたり、細かい要素が隠れているのもスタジオジブリ作品の見所でもあります。

是非、あなたも探してみましょう!

「天空の城ラピュタ」関連記事

天空の城ラピュタ・ムスカはなぜ目をやられた?その後や死亡したのか考察

天空の城ラピュタ・パズーはなぜトランペットを吹く?理由と母親の存在について

天空の城ラピュタ・ゴリアテの意味や由来は?飛行船の構造についても

天空の城ラピュタ・ムスカのモールス信号の意味は?解読内容まとめ

天空の城ラピュタ・結末の意味は?パズーとシータのその後について考察

天空の城ラピュタ・破壊の言葉(呪文)バルスの意味は?時間はいつなのかについても

天空の城ラピュタ・ポムじいさんの正体は何者?設定や小鬼の意味についても

天空の城ラピュタはなぜ滅んだ?ゴンドアの歌の意味から理由を考察


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です