馬と鹿(米津玄師)MV・PVのロケ地はどこ?撮影場所の行き方についても

人気アーティストの米津玄師さんの新曲「馬と鹿」のMV・PVが公開となりました。

日曜劇場の「ノーサイドゲーム」の主題歌ともなっており、すでに話題となっていましたね。

今回はその映し出されている場所、ロケ地や撮影場所の紹介、行き方について紹介します。

馬と鹿(米津玄師)MV・PVのロケ地はどこ?撮影場所の行き方について

今回はのMVは「lemon」「Flamingo」を手掛けた山田さんが監督を務めており、今までのMVを彷彿させるような雰囲気でしたね。

今回は登場する主なスポットですが、

  • ビルの屋上
  • 海岸
  • 洞窟

が映し出されており、それぞれ場所が異なるようです。

紹介していきます。

ビルの屋上(渋谷TSUTAYA O-EAST)

まず、米津玄師さんが街をバックに歌っているシーンです。

Googleマップや背景のホテルなどから推測するに、渋谷SHIBUYA O-EASTのライブハウスの屋上から撮影されたのではないかという情報です。

海岸(野手海水浴場)

アイキャッチ(タイトル表示している)画像に登場している海岸に関しては、明確な情報がありませんでしたが、過去の米津玄師さんのMV、

  • orion
  • 海の幽霊
  • パプリカ

で使用されたのではないかとの情報です。

よって、今回の「馬と鹿」でも同様ではないかと考えられます。

その中でも最も有力なのが野手浜海水浴場ではないかと言われています。

人が群がっている洞窟(カネホン採石場とOHAYA UNDERGROUNDツアーコース)

MVの中盤で登場するどう洞窟は2箇所の場所ではないかとの情報です。

もしくはどちらかのみで撮影されたのかもしれません。

  • カネホン採石場
  • OHYA UNDERGROUNDツアー(要予約)コース

になります。

どちらも一般の人でも入ることができ、ツアーなども組まれているとのことです。聖地巡礼するにはおすすめの場所ですね。

追記:大谷資料館で撮影は行っていません(注意)

大谷資料館さんとの情報がありましたが、行われていないと直接ご連絡をいただきました。

大谷資料館にと問い合わせが殺到しているようなので、ご配慮の方よろしくお願いします。

ネットの声まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です