FGO絶対魔獣戦線バビロニア・藤丸立香の能力や強さは?モデルについても

Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニアのアニメが2019年10月より放送開始になります。

人気関連作品である「Fate」シリーズであり、原作ゲームファンも含め期待の作品となっています。

今回は今作の主人公である「藤丸立香」の能力や強さ、モデルについて紹介していきます。

Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア・藤丸立香の能力や強さは?

今作の主人公となる「藤丸立香(ふじまるりつか)」。

原作であるゲームでは、主人公と名前として設定されているキャラクターになります。ゲーム版においては男女を選択できることができます。よって、設定は同様でもアニメ版でのオリジナルキャラクターにあたります。

そして、藤丸立夏の能力や強さは「Fate」シリーズにおいても特殊になります。

藤丸立香は「カルデア」の48人のマスター候補の10人の一般人枠のひとりとしてスカウトされており、魔術回路を起動したことさえない完全な「素人」になります。

配属前の訓練も数時間しか受けておらず、候補の中では数合わせとされてはいるが、同時にレフは「2015年で霊子ダイブが可能な適性者全てを集めた」とも語っている。

「カルデア」のレイシフト実験のためのオルガマリーの説明会の際に、直前にやっつけで受けたシミュレーションによる脳への負荷のために居眠りして説明会から叩き出され、レイシフト実験から外れることになる落第者。いわゆる落ちこぼれ。

ですが、この出来事によって「カルデア」へ仕掛けられた破壊工作を偶然にも免れ、ただ一人の活動可能なマスター候補となった結果、サーヴァントであるマシュと契約を結び共に人類史を巡る旅を始めるのが今作のストーリーになります。

絶望的な状況における根拠のない自信や楽観を持っている。その一方で「成果や結果を得るために冷酷になる」というスタンスがスタンダードであるという作品世界の魔術師にはまず見られない優しい心根を持っています。この辺り、原点である、Fate/staynightの衛宮士郎と似たものを感じる部分です。

しかし、似ていると言っても、藤丸の方が更に特異になります。

歴代TYPE-MOON作品での主人公たちは、平凡や低能力のように見えて実は特別な出自や突き抜けた才能を持つという者で占められていたが、今作の主人公はそういった特異性や才能は比較して極めて少ない事がわかっています。

魔術的素養を持っているものの正真正銘の一般人に過ぎないが、以下の能力・素質を持っています。

  • 運命を掴む天運およびそれを前にした時の決断力
  • 召喚したあらゆるサーヴァントと友好な関係を結ぶことが出来る
  • 身体能力の高さ
  • 脅威のレイシフト適正100%持つ
  • 毒物や病原菌・通常の人間には毒になるレベルの濃い魔力を含んだ空間・空気などに耐性

「脅威のレイシフト適正100%持ち」という設定に関してはシナリオライターである奈須きのこさんが公言しています。

(レイシフト(霊子転移)はカルデアの発明の一つであり、霊子化した魔術師を過去へタイムトラベルさせるシステムになります。)

サーヴァントであるマシュとの契約の恩恵で、毒耐性があると思われているのですが、マシュには該当するスキルがないことがわかっています。

総括すると、Fateシリーズ主人公の中でも、かなり特殊であり、魔術師であるのものの、極めて人間的な部分が多いキャラクターになります。今後目覚めるという事も可能性としては低く、この人間味が良さであり、マシュとの相性の良さもここにあると思います。

藤丸立香のモデルやキャラクターデザインについて

アニメ版で名前設定として初登場となるキャラクターである、藤丸立香。

実は今回アニメで登場させる際にモデルとなったキャラクターが存在します。それは、Fate/staynightで登場するメインキャラクターである、

  • 衛宮士郎
  • 遠坂凛

それぞれを性別逆転させたキャラクターデザインとなっています。

目の色や髪の色など、2人をモデルにしている事がわかっています。雰囲気がどこか似ている事を感じるのではないでしょうか。

主人公をオリジナルで再現するのは賛否両論ありますが、非常に良いモデルを選択していると思います。

まとめ

FGO絶対魔獣戦線バビロニア・藤丸立香の能力や強さ、モデルについて紹介していきました。

FGOの中でも最も人気のあるエピソードがアニメ化になっています。

主人公は能力や強さも気になりますが、それよりも魔術師として人間としての在り方が「本当の強さ」になります。

その点にも注目して見ましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です