僕のヒーローアカデミア(第4期)は何クール?原作の何巻までなのかについても

僕のヒーローアカデミアの第4期が2019年10月から放送開始予定となっています。

原作コミックも大人気連載中ですが、第4期のアニメが何クールまで放送するのでしょうか?

また、原作の何巻までなのか、前作を含め予想して行きたいと思います。

僕のヒーローアカデミア(第4期)は何クール?

ヒロアカ(僕のヒーローアカデミア)はすでに第3期までの放送が終了し、再放送をするほどの人気を誇っています。

よって、今までのアニメシリーズで予想して行きます。

第1期(2016年4月〜6月)全13話(1クール)

ヒロアカの第1期は全13話の1クールで放送を終了しています。

内容としてはUSJ事件の終わりまでになっており、ヴィラン連合の驚異を見せつけるストーリーでした。ヒロアカの世界観や敵の存在を紹介するクールでしたね。

第2期(2017年3月〜9月)全25話(2クール)

ヒロアカの第2期は全25話の2クールになります。一期から倍の話数が放送されました。

内容としてメインとなるのは、雄英体育祭編になります。また保須市襲撃事件(対ステイン)にも続きます。

それぞれの個性とぶつかり合いやキャラクターの魅力が詰まったクールになります。

第3期(2018年4月〜9月)全25話(2クール)

第4期の前に放送される前のストーリーになります。第3期は第2期同様で全25話の2クールになります。

内容としては、夏休みの林間合宿やプロヒーロー仮免許試験がメインの内容となります。

ヴィランとの衝突やオールマイトの現役引退など、大きく話が展開していく話になります。そして、最後にヒーローインターン編で関わってくるビッグ3の登場で終了しました。

そして、第4期はヒーロインターン編からスタートします。

以上の過去のヒロアカ放送から予想すると、1クールであることは考えにくいと思います。よって、第4期、僕らのヒーローアカデミアは全25話の2クール濃厚であると思われます。

では、原作コミックではどこまでになるのでしょうか?

原作コミックの何巻までなのかについて

上記で述べたように、第4期はヒーローインターン編からスタートします。

よって、原作コミックでは14巻からの内容が放送されます。

3期の終盤で登場した「死穢八斎會」の若頭オーバーホールとの対峙します。インターン編に関しては第14巻〜18巻。

その後の、第19巻〜20巻の雄英文化祭編も2クールであれば、放送されるのではないでしょうか。

第1期〜第3期までは、漫画の巻数が均等の放送されているわけではないのですが、およそ2冊〜4冊前後となっています。

文化祭以降の新たな驚異・脳無:ハイエンド編の触りの部分まで放送し、一度休止するのが濃厚ではないでしょうか。

まとめ

今回は僕のヒーローアカデミア(第4期)は何クールなのか、原作の何巻までついて予想してみました。

第1期〜第3期に比べて重たい話であるものの、その中でオールマイトの意志や個性を引き継いだ主人公・緑谷出久の葛藤や悲しみを背負い、成長していく重要な話になります。

見所はビッグ3の活躍や、死穢八斎會との対峙、インターン先のエピソードに注目ですね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です