七つの大罪・神々の逆鱗(3期)何クール放送する?原作のどこまでなのか予想

七つの大罪のアニメ(第3期神々の逆鱗)が2019年10月より放送開始となります。

前回の2期(戒めの復活)では、全24話で2018年1月6日から6月30日放送されました。

今回の第3期は原作のどこまで放送するのか、何クールなのか予想していきます。

七つの大罪・神々の逆鱗(3期)のアニメは原作のどこまで?

七つの大罪のアニメ第3期「神々の逆鱗」は原作でどこまでやるのかについてですが、前作である「戒めの復活」などから比較して考えていきます。

第2期「戒めの復活」では、ドレファスから分離したフラウドリンと復活したメリオダスとの一騎打ちは圧倒的な闘級の差を見せたものの、その戦い方に仲間たちは困惑しました。

メリオダスの復活と強さは魔神の王にもたらされた呪いによるものだった事がわかった所で終了しています。

このストーリーは原作では、原作コミックの24巻までのエピソードとなっています。(一部26巻までのエピソードも介入)

よって、第3期のスタートは、25巻あたりからになります。内容としては、3000年前で修行する内容と聖戦の出来事からだと予想します。

多少、改変がある可能性はあります。

あと表題でもある、「どこまで」やるのかについてですが、各シリーズと比較すると、

七つの大罪(1期) 物語最初から ヘンドリクセン討伐まで
七つの大罪「戒めの復活」(2期) 魔神族「十戒」登場から フラウドリン撃退
七つの大罪「神々の逆鱗」(3期) 修行&3000年前のエピソード 35巻まで

原作でいうと35巻までが第3期になるのではないでしょうか。

詳しくはネタバレになるため記載しませんが、35巻までになるのではないかと予想します。

ただ、原作と多少異なる設定になる可能性もあるので、巻数をまたいで再編する可能性もあるのでご了承ください。

「神々の逆鱗」は何クールなのか予想

七つの大罪の第3期「神々の逆鱗」は何クールになるのでしょうか?

こちらも第2期までと比較して紹介します。

七つの大罪(第1期) 全24話 2クール
七つの大罪「戒めの復活」(第2期) 全24話 2クール

七つの大罪は1期・2期共に2クール(24話)となっています。

よって、第3期も24話になると予想します。

しかし、原作コミックは40巻で完結すると言われています。よって、もし35巻まで第3期で放送するのであれば、キリが悪い事になります。

もしかすると、3クールで綺麗に終わらせるのか、はたまた第3期を1クール(12話)にして、原作コミック完結後、もう1クールで完結。

または、第3期を2クールで終わりにし、劇場版で最後まとめるパターンも考えられます。

原作をアニメ化する作品の中でも、超人気作品なので、ファンの期待を裏切らない形で終わって欲しいのは誰しもの願いですね。

まとめ

今回は七つの大罪(3期)「神々の逆鱗」のアニメは原作のどこまでなのか、何クールなのかについて予想していきました。

いよいよ十戒との最終決戦や、ゴウセルの過去、3000年前の出来事などが明かされていきます。

様々な伏線が回収されていきます。期待して待ちましょう!

七つの大罪の動画を無料視聴する方法

「七つの大罪」関連記事

七つの大罪の見る順番や時系列は?聖戦の予兆やsin七つの大罪についても

七つの大罪・神々の逆鱗はなぜテレビ東京?TBSで放送しなくなった理由についても

七つの大罪・エリザベスの右目の紋章の意味は?目の色の違いについても

七つの大罪強さランキング2019!最強キャラは誰が一番強い?

七つの大罪・神々の逆鱗(3期)何クール放送する?原作のどこまでなのか予想

七つの大罪・ゴウセルの正体は何者?裏切りの十戒なのかについても

七つの大罪・神々の逆鱗(3期)1話から最新話の見逃し動画の無料視聴方法!アニポやdailymotionは危険?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です