「あの花」のタイトルの意味や由来は?アニメ最終回のあらすじや結末から考察

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(略称:あの花)は日本のアニメであり、劇場版やさらには実写化もされた人気作品になります。

長いタイトルで印象的ですが、実際にアニメを見た人はこのタイトルの意味を明確に回収するシーンがないことで疑問に思う人も多いと思いのではないでしょうか。

今回は、今作のタイトルの意味や由来をアニメ最終回のあらすじや結末から考察していきます。

「あの花」のタイトルの意味や由来は?

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のタイトルの意味については、作中では明確に意味を表す表現や発言は登場しません。

よって、今作を見た人からすると、「タイトルの意味って何?」と思う人が多いです。

基本的なストーリーとしては、幼馴染(めんま)の死という過去を抱えら若者達(超平和バスターズのメンバー)が絆や成長をしていき、最終的に過去から目を背けていた事などを、主人公じんたんの目の前に現れた幽霊のめんまと共に、進んでいくストーリーです。

その中で、タイトルにもある「花」はほとんど登場しません。

ですが、タイトルの意味を知る上で、最も重要となるのは、最終回にて考察することができます。

アニメ最終回のあらすじや結末から考察

最終回では、それぞれの抱えている「めんまの死」に対する気持ちがぶつかりあい、めんまの本当の願いがわかる感動の回になっています。

そして、最後のシーンでは既に見えなくなっているめんまが、最後にみんなの前に現れて、お別れする場面があります。

この場面でタイトルの意味が考察できます。

  • 牛乳瓶の花の香りと比喩(じんたんへのメッセージ)
  • 手紙を花に見立てた

この2つが考えれらます。

牛乳瓶の花の香りと比喩する(あの花=めんま)

まずは「あの花」とはめんま自身のことを意味しているのではないかという考えです。

最後のお別れをしたあとにじんたん発言に深い意味が隠されています。

「やっぱりめんまは笑った。俺たちは大人になっていく、どんどん通り過ぎていく季節に、道端に咲く花も、移り変わっていく。」

「あの季節に咲いた花はなんて名前だったんだろう?
小さく揺れて、触れればちくりと痛くて、鼻を近づければわずかに青い日向の香りがした。
次第にあの香りは薄れていく、俺たちは大人になっていく、だけど、あの花はきっとどこかに咲き続けている。
そうだ俺たちはいつまでもあの花の願いを叶え続けていく。」

ここで登場する「花」はめんま自身だと考えると、次第にあの香りは薄れていくとは、めんま自身が消えていくということを意味しています。

「あの花」はきっとどこかで咲き続けているとは、めんまが生まれ変わってどこかで生き続けているということを含んでいるのだと思います。

タイトルの場合、このめんまを通じて過去を振り返り、それぞれが感じたことや成長したことを「まだ知らない」と捉えると、物語のスタート時点の状態をさしています。

そして、全てが完結した時に、「あの花の名前を僕達は知ることができた。」になるのだと思います。

手紙を花に見立てた(あの花=青春の思い出)

また、少し違う観点で考えると、手紙を花に見立てたのではないかという考えです。

めんまは超平和バスターズの面々に手紙を書きます。それに加えて、上記でも紹介した思い出や過去の辛い気持ちを花に見立てて、表現したのではないでしょうか。

その後のエピソード(劇場版)でめんまに手紙をみんなで書くシーンもありますが、そう思わせた理由として、「あの花」があると考察します。

結果的に、今作のストーリーを通して、それぞれが大人になっていく中で、「あの花」の名前を知ることができました。

「あの花=青春の思い出」と捉えると、それを教えてくれためんまへの返信の意味が」込められているのではないでしょうか。

以上の事を踏まえると、タイトルの意味がわかってきます。

まとめ

今回は「あの花」のタイトルの意味や由来をアニメ最終回のあらすじや結末から考察していきました。

日本を代表する感動アニメであり、最終回、劇場版では終盤でタイトルの意味を回収してくれます。

しかし、その意味については、ハッキリとした解説はないため、作品を通じてそれぞれが答えを出す事に意味があると思います。

是非、あなたの思う「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の意味を教えて欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です