映画「ジョーカー」の年齢制限はあり?対象年齢と子供でも見れるかについても

現在、大ヒット放映中である「ジョーカー」。

ホラー作品の要素を含んでいる作品でこれほど人気になる作品も近年あまり見なくなった気がします。

そこで、今回はこれから見てみようと思う人のために、年齢制限や対象年齢はいくつなのか、子供でもみることができるのか調査しました。

映画「ジョーカー」の年齢制限(R指定)や対象年齢はいくつ?(バッドマンシリーズは?)

ジョーカーはバットマンの敵役のキャラクターであり、過去のバットマンシリーズに登場しています。

まずは過去作品についての年齢制限についてまとめました。

作品名 年齢制限
バットマン PG13(13歳未満の鑑賞は保護者の強い同意が必要)
バットマン ビギンズ PG13(13歳未満の鑑賞は保護者の強い同意が必要)
ダークナイト PG13(13歳未満の鑑賞は保護者の強い同意が必要)
スーサイドスクワッド PG13(13歳未満の鑑賞は保護者の強い同意が必要)

過去作品はPG13(13歳未満の鑑賞は保護者の強い同意が必要)になっています。

実質見ることは制限されていませんが、子供が見るには保護者がしっかり指導する必要があるとなっています。

そして、今作「ジョーカー」は映画ジャンルは「クライム映画」。

狂気的な犯罪を引き起こす作品となっています。

恐怖やそれに近い激しい描写シーンや、アルコール、ドラッグ、スモーキングなどが頻回に登場する作品が主にこのジャンルに該当すると言われています。

その他、ある程度の性的描写なども多少含まれると思われます。

アメリカではR指定(17歳未満の子供は親と鑑賞しなければならない)の作品となっています。

多少緩い日本でも、今作「ジョーカー」はR15指定になることがわかっています。過去のジョーカー作品では、年齢制限はなかったので、それよりも暗い雰囲気やクライム感が強めの作品になると思われます。

各劇場のムービーチケットの欄には「R15+」と記載されています。

よって、15歳未満の方は見れない作品になっています。

過去作品とは違いがあるので、注意しましょう!

ただ、15歳以上であっても成人するまで、またそれ以上でも見るのに躊躇している人も多いと思います。そんな人でも見ることができるのでしょうか?

子供でも見れるのかについて(実際に見た人の意見も)

実際に見た人の意見を踏まえて、15歳以上でも見れる内容なのか紹介していきます。また、私自身も劇場へ足を運んで確認していきました。

感想から述べると、「衝撃作」でした。

実質、18歳以上となるような性的描写や残酷な暴力的シーンもそこまではないのですが、それ以上に精神的に重い作品でした。

これを15歳未満が視聴するのは、流石にNGではないかと思います。

よって、この点を踏まえると、15歳以上の大人であっても、

  • 精神的に不安定な人
  • 陰鬱な表現が苦手な人
  • 明るい作品を主に好む人

については、おすすめできません。

ただ、そうでない人にとってはかなりおすすめの作品になります。これほどの人気作になるのには納得できます。

この「ショーカー」の世界観や雰囲気はまさに違った意味で「感動」を与える作品になります。人間の心を動かす、衝撃を明かす作品としてはこれ以上ないと思います。

もし、カップルで興味本位などで見に行くのであれば、それ相応の覚悟をして見る方が良いですね。

まとめ

今回は映画「ジョーカー」の年齢制限はありなのか、対象年齢と子供でも見れるかについて紹介していきました。

  • 年齢制限は15歳未満はNG
  • 「子供」でも見れるのか、精神年齢に左右される。

になります。

もちろん、高校生でも同様の類の作品を好きであれば、おすすめできる作品です。

しかし、初めて同ジャンルのクライム作品を見る場合は大人であっても、自己責任でお願いします。

個人的には、是非覚悟を持って劇場へ足を運びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です