グドモの活動休止理由は?たなしんのYouTubeが原因で解散なのかについても

日本の人気ロックバンドである「グッドモーニングアメリカ」。

今回、来年1月の公演を持って活動休止することが明らかになりました。根強いファンも多くロックシーンを牽引してきたバンドなのでファンならず衝撃ですね。

今回はなぜグドモが活動休止をするのか考察していきます。また、メンバーでベースを担当するたなしんはYouTuberとしても活動しており原因なのではと呟かれているのも踏まえ調査しました。

グドモ(グッドモーニングアメリカ)の活動休止理由は?

4人組バンド・グッドモーニングアメリカ(通称グドモ)が15日、来年1月の東名阪3公演『また会えるよね』をもって活動休止することを発表した。あす16日には、活動休止前ラストシングル「フルスロットル」をサプライズリリースすることも明らかになった。

昨年バンド結成10周年、メジャーデビュー5周年を迎えたグドモは、初のベストアルバム『the BEST HIT GMA』(昨年7月発売)、6thアルバム『!!!!YEAH!!!!』(同11月発売)を立て続けにリリース。2度の全国ツアーを実施、イベントやライブ/フェスにも多数出演するなど1年間精力的に活動した。アニバーサリーイヤーが一段落したところでメンバーが今後のバンド活動と人生を見つめ直し、話し合った結果、「バンド活動休止」の結論に至ったという。

メンバーはそれぞれコメントを発表。金廣真悟(Vo/G)は「このメンバーでグドモを続ける為に活動休止という選択をしました」と説明。「なので、いつとは決まってないのですが、またこの4人でステージ上に戻って来る気満々です。俺はその日を楽しみに修行してきます。長い間ありがとうございました。そしてこれからもどうぞよろしく」とファンにあいさつ。渡邊幸一(G)、たなしん(B)、ペギ(Dr)もそれぞれの想いを明かしている。

活動休止前最後のワンマンツアー『また会えるよね』は、来年1月17日に東京・渋谷 TSUTAYA O-EAST、1月24日に愛知・名古屋 DIAMOND HALL、1月25日に大阪・梅田CLUB QUATTROで行われる。

グッドモーニングアメリカは、東京・八王子で2001年に高校の同級生で結成した前身バンドから2007年7月に改名し、08年7月に現メンバーに。13年5月にアルバム『未来へのスパイラル』でメジャーデビューし、アルバム7枚(前身バンドベスト含まず)、ミニアルバム3枚、シングル5枚を発表してきた。あす16日には、6thシングル「フルスロットル」をサプライズでリリース。“グドモ節”全開のポジティブソングとなっている。

引用元:Yahoo!ニュース

バンド活動歴も昨年で10周年を迎えているグッドモーニングアメリカ。

いきなり有名になった訳でもなく、全国のライブハウスを周り、フェスの新人特別ステージなどでコツコツ現在の地位を獲得してきたファンと共に歩んできたグループになります。

結成当初からのファンも多く、活動休止の知らせはショックを隠せないと思います。

現在も、全国ならず数多くのステージをこなし、フェスやワンマンライブなどもソールドするなど人気に関しても今後衰えることは少ないと思えるバンドです。

そして、今回、解散の理由についてメンバーがそれぞれコメントを残しています。

コメントの一覧は公式HPにて。

それぞれ明確に何が活動休止の原因なのか、ボヤかしている感じです。

ただ、再びグドモとしてステージに戻ってくることは間違いないという結論に関しては一致しています。

もしかすると、10年を節目に活動休止をすることは決めていたのかもしれませんね。

ライブ活動・音源制作などはほとんどの時間をバンドのため、グドモのために注ぎ込まないといけないのが現場だったと思います。昨今、メディア関係も多様化するか中で、それぞれの感性や感覚をさらにアップデートするためにバンド活動を休止するのが最もな原因だと思います。

そして、その中で目立った個人活動を行なっているのが、ベースのたなしんさんです。たなしんさんの活動が解散の原因になっているのではないかと噂されています。

たなしんのYouTubeが原因で解散なのかについて

ベースのたなしんさんはYouTuberとしても活動をしています。

チャンネル登録者数は5万人を超えており、動画内容もかなり作り込まれています。他のバンドのベーシストをゲストで呼び、その人物に所縁のある場所や人のところへ足を運び、相当労力がかかった動画を投稿しています。

音楽ファンであれば、外せないYouTubeチャンネルになります。

正直、これほどのクオリティーの動画制作をしながら、バンド活動・ツアーなどを並行して行うのは相当しんどいと思います。

そして、今後も登録者の増加などを考えると、更なる企画を考案していると思います。現在の再生数や登録者数であっても収益はかなりあると思います。

よって、たなしんさんにおいては、今後YouTubeにもっと注力したいのではないかと思われます。

ただ、活動休止の理由であるのなら、脱退などになると思います。なので、他のメンバーたちもバンド活動以外で活動をしていくのだと思います。

または、それぞれが個人で活動できるように成長してから、再度活動を再開するのだと思います。その時はバンドにがっつりメンバー全員が力を込めると予想されます。

たなしんさんもメンバーの中で中心となる人物であり、ムードメーカー的な立ち位置でもあります。たなしんさんのYouTubeが原因ではないにせよ、それぞれの想いを尊重した結果であることは間違いないですね。

ネットの声まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です