ウェアハウス川崎の閉店理由や原因は何?移転するのかゲームセンター経営事情についても

ウェアハウス川崎の閉店が2019年11月17日に惜しまれつつ閉店することが決定しました。

一風変わったゲームセンターとしてだけではなく、撮影などで使用されるなど一度訪れたことのある人からすると印象深い施設になると思います。

今回はそんなウェアハウス川崎がなぜ閉店したのか、理由やゲームセンターの経営事情などを紹介していきます。

ゲームセンター経営事情について

今回はゲームセンターである施設、ウェアハウス川崎の閉店理由としてまず頭に浮かぶのは経営事情ではないでしょうか?

近年、スマホゲームやインターネットの大きな発展に伴い、ゲームセンターへ足を運ぶ人は年々減少傾向にあるようです。

全国のゲームセンターも軒並み閉店しており、最盛期の1990年代からすると半数以上に減少しています。

その時代の流れの影響で今回、ウェアハウス川崎も閉店に至ったのではないかという声が多かったです。しかし、実際にはその絵影響ではないことがわかっています。

ウェアハウス川崎の閉店理由や原因は何?移転するのか?

ゲオが運営する神奈川県川崎市の複合アミューズメント施設であるウェアハウス 川崎店は、11月17日をもって閉店することを発表した。ウェアハウス 川崎店は、ゲームセンターとダーツ、ネットカフェなどを備えた複合アミューズメント施設。店内は香港にあった九龍城をモチーフにした造りになっており、廃墟のような内装で有名な施設として知られている。

ウェアハウス川崎店の店舗情報ページに掲載されている閉店のお知らせによれば、閉店理由は「諸般の事情により」となっており、アミューズメントとネットカフェともに、11月17日23時45分までが最終営業となる。

引用元:Yahoo!ニュース

 

ウェアハウス川崎の閉店理由について、様々な憶測が飛び交っていますが、最も思いつく原因としては、ゲームセンターの経営事情と述べました。

しかし、本当の閉店理由は「テナントの大家との契約の兼ね合い」であるとのことです。

基本的に貸店舗の場合、期間など様々な条件で契約をするのが基本的であり、今回のウェアハウス川崎においても同様だと思います。

よって、契約期間の満了が最も濃厚ではないかと思われます。

ウェアハウス川崎は九龍城をモチーフにしたゲームセンターアミューズメントパークなので他者との差別化はされており、撮影など昨今でも生き残れる施設だと思います。

その他に考えられるのは、新装開店の意味も込めて、場所自体も新規でさらなるパワーアップすることも考えられます。もしかすると、数年前からその構想があったのかもしれませんね。

今後も移転など、新たな場所で再開する可能性は高いので、今後の情報に期待しましょう!

まとめ

今回はウェアハウス川崎の閉店理由やゲームセンター経営事情について紹介していきました。

ゲームセンターの運営事情はかなり厳しいのは変わりありません。今後も改善される可能性も薄いと言えます。

そんな中、ウェアハウス川崎がどのような形で再起するのか期待したいですね!11月17日までは営業しているので、今のうちに見納めしておきましょう!

ネットの声

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です