50回目のファーストキス・なぜ50回目?タイトルの意味や由来についても

映画「50回目のファーストキス」は記憶障害の女性と、一途な恋を貫く男とのロマンティックコメディになります。

全米で公開され、2018年にリメイク版が日本でも制作され話題となりました。

そして、このタイトルの意味について、なんとなく想像は着くと思うのですが、なぜ50回なのか考察していきます。

50回目のファーストキス・なぜ50回目?

タイトルを最初見たときに「50回目のファーストキス」だと完全にファーストキスではなくなってしまいますよね。

人によっては、様々な妄想を浮かべる人も多かったようです。

実はこの数字「50回」には大きな意味はなく、数回ではなくより多くの数を明記していることに意味があります。

100回でも1000回でも問題はないのですが、より現実的な映画の中の世界、時間配分から考えて現実的な「50回」を選択したのだと考えます。端数の数字を入れても良いのですが、逆に違った意味に囚われてしまっても本末転倒になってしまいます。

そして、ここからは考察なのですが、「50」という数字はエンジェルナンバーで

「あなたの潜在能力を試すこと、そしてあなたの強みと弱みがどこにあるかを知るということ」

という意味になります。本作においてこの意味は間違っていないと思います。合わせてタイトルの意味についても紹介していきます。

タイトルの意味や由来について

タイトルである「50回目のファーストキス」それは、「50回目も毎回ファーストキスになる」ことを意味しています。本編やあらすじを知っていればなんとなく想像はつく意味ですよね。

ヒロインである日本版では長澤まさみさんが演じる瑠衣は、短期記憶障害で記憶が1日で消えてしまう病を抱えています。

そこで、大輔(山田孝之)が何度もキスをしていても、瑠衣にとっては毎回ファーストキスになってしまうと言うことです。

そこに、先程紹介した、「50」のエンジェルナンバーである「あなたの潜在能力を試すこと、そしてあなたの強みと弱みがどこにあるかを知るということ」を踏まえてタイトルの意味を考えると、

例えファーストキスを忘れてしまっても、その人の強みや弱みを含め、本人そのものを理解することを意味していると考察します。

病気なんて関係ない、目の前の人を愛することが最も大事と捉えます。

そう考えると、タイトルだけでも本作の深さや伝えたい想いを垣間見ることができますね。

まとめ

50回目のファーストキス・なぜ50回目なのか、タイトルの意味や由来について考察していきました。

内容的に重たい話になりそうな感じですが、コメディ感も満載で最後は感動する物語となっています。見終わった後は、清々しい気持ちになり、目の前の人にどう向き合っていく必要があるのか学べる作品だと思います。

是非、今回紹介した意味を頭に入れてみて見るとまた違った感じ方ができると思います!

50回目のファーストキス(洋画)を無料視聴する方法はこちら。

「50回目のファーストキス」

50回目のファーストキスは実話のその後は?原作や結末から考察

50回目のファーストキス・なぜ50回目?タイトルの意味や由来についても

50回目のファーストキスの洋画と邦画の違いは?トルコ版についても

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です