スカーレット・溝端淳平(酒田圭介)の恋する女性役は誰?役柄についても

絶賛放送中である、スカーレット。

第3週が終わり、ようやく茶の間に馴染んできた感じで面白くなってきましたね。

次週、第4週では荒木荘の住人で医学生である酒田圭介(溝端純平)が恋をする話が登場し、その出来事をきっかけに喜美子も恋に芽生えるエピソードが挿入されると予想されます。

今回はその圭介が恋をする女性役の女優は誰なのか?役柄についても紹介していきます。

スカーレット・溝端淳平(酒田圭介)の恋する女性役は誰?(左津川愛美)

第3週目、最終回にて次回予告があり、喜美子が何やら「経験はないの?」と聞かれれているシーンが写されました。その声は圭介(溝端純平)であり、そこから喜美子は恋心を抱く展開が予想されます。

その前に、どうやら圭介は一目惚れをする女性が登場するようです。

その女性は左津川愛美さんであることがわかっています。

最近の有名作品であれば、「おっさんずラブ-in the sky- 」で 橘緋夏役で登場しました。

14歳の時にスカウトを受けて芸能界入りし、2004年の高校入学と同時に上京。芸能界には軽い気持ちで入ったこともあり、ドラマや映画など様々なオーディションを受けながらもどこか他人事のように感じ、時には「隣の人が受かればいいのに」などと思っていたこともあったという。しかし映画初出演となった2005年の『蝉しぐれ』では、ヒロインのふくの少女時代を演じ、第48回ブルーリボン賞助演女優賞にノミネートされる。これは本人にとっても転機となった作品であり、完成した映画を見てプロの仕事というものを感じ、役者として真剣に芝居に向き合う覚悟をもったという。

2007年、映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』では、それまでの清楚なイメージを壊す個性的でインパクトのある暗い少女を演じ、第50回同賞の助演女優賞と新人賞の2部門にノミネートされた。

引用元:ウィキペディア

以上の経歴を持ち、他の代表作は以下になります。

  • モンローが死んだ日(2019年1月6日 – 1月27日、NHK BSプレミアム) – 高橋美緒 役
  • 家売るオンナの逆襲 第7話(2019年2月20日、日本テレビ) – 宇佐美サキ 役
  • サイン-法医学者 柚木貴志の事件-(2019年7月11日 – 9月12日、テレビ朝日) – 春日美晴 役
  • ポイズンドーター・ホーリーマザー 第4話・最終話(2019年7月27日・8月10日、WOWOW) – 寺崎有紗(旧姓) 役
  • W県警の悲劇 第2話(2019年8月3日、BSテレ東) – 葛城千紗 役
  • 八つ墓村(2019年10月12日、NHK BSプレミアム)
  • 赤ひげ2(2019年11月1日 – 、NHK BSプレミアム) – およね 役

数多くの作品に出演しており、陰ながら作品を支える女優さんです。

では、スカーレットではどんな役で登場するのでしょうか?

役柄についても(泉田あき子)

泉田あき子という役名で登場する予定になっています。

こちらオリジナルキャラクターとなっており、主人公の喜美子の恋敵的な位置で登場することがわかっています。

喜美子と圭介、あき子の三角関係が描かれるストーリーが予想されます。過去の朝ドラ、「半分、青い」でも、萩尾律(佐藤健)伊藤清(古畑星夏)楡野鈴愛(永野芽郁)と同様な関係が再現されると思われます。

それでも、物語が進めば、喜美子にとっても大切な存在として、重要な役になる可能性も秘めています。

何れにせよ、面白くなる恋愛エピソードで活躍する人物であることは間違いないですね。

まとめ

スカーレット・溝端淳平(酒田圭介)の恋する女性役は誰なのか、役柄についても紹介しました。

ドラマ好きでなければ、「この人誰?」と思う人もいると思いますが、登場する前に過去作品を確認して、左津川愛美さんの女優としての活躍を予習しておきましょう!

「スカーレット」関連記事

スカーレット・大島優子や林遣都の初登場は2週目のいつ?何話なのか予想

スカーレット・琵琶湖の砂洲(エンジェルロード)の場所はどこ?ロケ地の行き方についても

スカーレット・村上ショージは何役?後ろ姿からたぬきとの関係について予想

スカーレットの信楽焼の窯元(工場)の場所はどこ?実在するのかについても

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です