ラグビー南アフリカ・9番の金髪イケメン選手は誰?身長やネットの声も

ラグビーワールドカップで、日本チームを圧倒的な強さでねじ伏せた南アフリカチーム。

その中で一際目立つ選手がおり、素人目でも好プレーでチームを牽引していました。今回はその金髪イケメン選手が誰なのか、周りに比べて小柄なので、身長について調査しました。

また、ネット上では様々な意見があるので紹介します。

ラグビー南アフリカ・9番の金髪イケメン選手は誰?

南アフリカの9番の背番号を背負う人物は、ファフ・デクラークという選手になります。

日本との試合では「Player of the Match」の賞を得ています。いわばMVPのような物ですね。金髪の挑発をなびかせ、一際目立つ存在感を出しており、プレイにおいても主に、アシストや司令塔の役割で勝利へと導きました。

ラグビーに詳しくない「にわか」でも明らかに目立ったプレイが印象的でした。観戦中も話題になったのではないでしょうか。

ファフ・デクラークの身長や体重は?

身長は172cm体重は82kgになります。

周りの選手はゆうに2m超えの選手が多い中で、小柄に見えるのは納得できる身長ですね。

普通に選手がタックルをすると、反則になる高さに当たってしまうため、反則を誘発するシーンもありました。色んな意味で策士であることがわかりますね。

体格の差を物ともしないプレイは賛否両論あるみたいです。

ネットの声まとめ

ネット上では暴力とも捉えてしまうような、あまり良い印象がないコメントもあります。

しかし、ラグビーにおいて反則を誘発するのは戦略として当たり前になります。そんな、暴力的な目立つプレーに批判の声を凌駕して高い評価を得ています。

次にファフ・デクラークのプレイが見られるのは、10月27日(日)ウェールズ戦で出場して来ることが予想されます。要チェックしておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です