笠りつ子のバスタオル暴言騒動のゴルフ会場はどこ?持ち出したのはプロではない?

プロゴルファー・笠りつ子さんがタオルの有無を巡り暴言を吐いたことが話題になっています。

「マスターズGCレディース」の開催中に怒った出来事であり、あまりにひどい暴言に非難する声が多数寄せられています。

タオルを常備していないのには理由があり、持ち出しが多いことで常備しなくなったのですが、他のプロが悪いと噂になっています。

今回はそのゴルフ会場がどこだったのか、また持ち出したのはプロではないと思われるので考察していきます。

笠りつ子のバスタオル暴言騒動のゴルフ会場はどこ?

女子プロゴルファーの笠りつ子が31日、オフィシャルサイトで、「マスターズGCレディース」(24~27日・兵庫県三木市)の会場で関係者に対して不適切な発言をした当事者であることを認め、謝罪文を掲載した。

【写真】堀北真希似?美女の笠りつ子、笑顔満開

笠はサイトに「マスターズGCレディース会場での不適切は発言に関するお詫びと今後の活動についてのご報告」と題した直筆のメッセージを掲載。「私の不適切な発言により、大会主催者、コース関係者の皆様が不快な思いをされたことは事実です。決して言ってはいけない言葉であったと深く反省しており、当該週に大会主催者ならびにコース関係者の方に誠意を込めて謝罪させていただきました。」などと記した。

問題が発覚したのは、岡本綾子氏がデイリースポーツ紙上で、ある女子のベテラン選手が、コースの風呂場にタオルが置いてないことに腹を立て、スタッフに対して「何で置いてないのか」と食ってかかり、「タオルを出せ」「出せない」の押し問答のあげく、コースの副支配人に対して「頭が固い。死ね」と暴言を吐いたという事実を指摘したことだった。これを受けて、27日には日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長が謝罪する事態となっていた。

暴言を吐いた当事者については、これまで明らかにされていなかったが、本人が名乗り出る形となった。

笠は、現在LPGAコンプライアンス委員会が自身の不適切発言について調査を行っていることを明かし「処分が決定され次第、皆様の前で改めてお詫びとご報告を申し上げます」としている。

また「当面の間、ツアーへの出場は自粛させていただきます」と公表。LPGAが下す処分について「全てを受け止め、深く反省し、プロゴルファーとして、人として、自分を見つめ直し、真摯にゴルフに取り組み」などと、反省の言葉をつづった。

引用元;yahoo!ニュース

暴言自体を吐いたことに関しては、非常に残念ですね。

大会中にピリピリしていた事から、気持ちはわかりますが、プロとして大人として恥ずかしい出来事であり遺憾ですね。

今回、「マスターズGCレディース」が開催されたのは、兵庫県三木市にある「マスターズゴルフ倶楽部」になります。マスターズゴルフ倶楽部は、上級の人々が実際のプロが行うコースを楽しめる場所であり人気のゴルフ場になります。

今回の暴言に至る原因となった「タオル」に関しては、風呂場に常備していないことから、コースの副支配人にタオルを頼んだところ、それに怒り暴言を吐き今回の騒動になりました。

タオルが原因となったことがわかっています。そうなると、マスターズゴルフ倶楽部側に問題があるのではなく、実際にタオルについてルールがあった事が笠りつこさんを怒らせた原因になります。

持ち出したのはプロではない?

マスターズゴルフ倶楽部側は以前からバスタオルの持ち帰りが多く、もともとタオルを常備しない方針で運営していました。

よって、ネット上では、タオルを持ち出したプロにも非がある。ルールを守るべき。

などコメントが寄せられていますが、実際には普通に以前から常連でプレイをしている人たちが持ち出した可能性の方が断然高いと思われます。

なので、実際には他のプロが悪いわけではなく、普段のお客さんのマナーも深く関わっているのだと思います。

それが原因で「マスターズゴルフ倶楽部」の方針でタオルは置かない事になっていたことがわかります。

なので、他のプロのマナーが悪いというのは考えられないので、女子ゴルフの評価を全て下げてしまうのはどうなのかと思いました。

笠りつ子さんは謝罪文を発表していますが、できれば会見などを希望したいですね。他のプロやゴルフ界のためにも是非お願いしたいです。

ネットの声まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です