首里城火事の出火原因は何?なぜ燃えたのか放火の可能性や復元するかについても

沖縄を代表する世界遺産である首里城が正殿を含む大規模な火災に見舞われています。

沖縄市民はもちろん、修学旅行などで訪れた人たちも印象深い建造物であり、日本の観光スポットの代表格として日本人のならず世界中から愛される建造物になっています。

今回、出火原因についてはまだわかっておらず、放火の可能性も示唆されています。また、今後復元するのかについても考えていきます。

沖縄・首里城火事の出火原因は何?なぜ燃えたのか?

沖縄県民にとって掛け替えのない存在である世界遺産・首里城の正殿などが31日全焼した。

【写真特集】世界遺産・首里城で火災

「大変なこと」「あって当たり前だった」。火の粉を散らして煙を上げ、すすの臭いを漂わせる姿に、付近の住民はぼうぜんと立ちすくむしかなかった。

近くに住む大学院生の坂元蘭さん(24)は、「サイレンの音で気付いて眺めていたら、30分後に突然煙が上がって、大変なことだと思った」と振り返る。

様子を見に来た会社員の女性(50)は「午前2時半ごろサイレンの数の多さに気付いた。首里城は絶景で、あって当たり前のものだったので、あまりに衝撃が大きすぎて、涙が止まらない」とうつむいた。

サイレンの音で起きたという金城珍源さん(68)は「『避難してください』と呼び掛けがあったので出てきた。沖縄の人にとって大事なものなので、こういうことになって悲しい」と嘆いた。

首里城の改修工事を請け負っていたという漆職人の諸見由則さん(59)は「十数年かけて外壁などに漆を塗り終わったと思ったら、全部焼けてしまった。せっかくきれいにしたのに、また一からやり直しだ」と肩を落とした。

首里城から約2キロの距離に住む那覇市の公務員女性(47)は、午前4時ごろに防災無線でたたき起こされた。ベランダから見ると、空が真っ赤になっていたという。「火の粉はここまで飛んできていないが、近くの人は大丈夫だろうか」と不安そうに話した。

引用元:yahoo!ニュース

原因については謎が深まるばかりの現状になっています。

基本的に火元となるものは首里城内では確認されておらず、木造であることからもし何かしらの形で出火したのであれば、燃え広がるのは早いことが予想されます。

そして、火事が確認された時間から、夜であったため、もちろん首里城内に侵入し、放火したとも考えにくいです。

もし、爆発物などがあれば、すぐに確認されるためその可能性も低いことがわかります。

よって、考えられるのは、

  • 天井裏などの電気関連の劣化による漏電(ショート)

のが濃厚だと思います。

自然発火でも首里城は燃えやすい建造物になります。電気系統の故障で発火し、どんどん燃え広がった可能性が高いのではないでしょうか。

もし、これがイタズラ関係であると、一大事ではありますね。

放火の可能性や復元するのかについて

先ほども述べたように、放火の可能性は低いと思われます。

放火レベルであれば、確実に何らか証拠が残り、特定も早いと思います。しかし、現状原因不明なのは、明確な証拠が見つからないだと思います。

そして、もう一点気になるのは、ここまで全勝してしまうと、復元するのかが気になりますね。

しかし、かつて、首里城は太平洋戦争中の沖縄戦(昭和20年)の時に消失しています。それから平成4年に正殿が復元しているため、かなり時間はかかっていますが、復元はするのだと思います。

これほどの世界遺産が再び再建するのも、沖縄市民にとってのシンボルとなる場所であるからこそ、一早い復元を願いたいです。

私も修学旅行で訪れた時のインパクトを今でも忘れません。悲しいです。

けが人もいないのが幸いですが、辛いですね。

ネットの声まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です