テニプリ入学試験・合格するとどうなる?特典やボーダーラインはあるのかについても

週刊少年ジャンプでテニスの王子様に関する問題を試験形式で挑戦するイベントが開催されました。

1次試験は9月に開催され、昨日2時試験があり既に終了しました。ファンでも相当な難問であったようで、その問題がネット上で話題となっています。

そもそも、この試験に合格するとどうなるのか、なんのためにしているのかわからない人も多いのではないでしょうか。もちろん、合格すれば、特典があります。今回はその内容について紹介していきます。

テニプリ入学試験・合格するとどうなる?(テニスの王子様)

テニプリ入学試験では、テニスの王子様に関する問題を本格的な入学試験の形式で行う大イベントになります。

連載当時からファンである人はヨダレ物の企画であり、逆に全く知らない人からすると、なんのためにしているのかついていけない人も多いと思います。

もちろん、根強いファンのための企画であるの事に間違いないのですが、試験を合格する事でもらえる物がある事がわかっています。

しかも、自分だけの特典がもらえる事が合格を目指す人の指標となっています。

特典やボーダーラインはあるのかについて

合格した人たちがもらえるのは、テニスの王子様に登場する中学校の自分専用・SQ編集部認定の学生証をもらう事ができます。

  • 青学
  • 不動峰
  • ルドルフ
  • 山吹
  • 氷帝
  • 六角
  • 立海
  • 比嘉
  • 四天宝寺

の作中に登場する9校の中で自分の好きに選んだ中学校に自分のデータが印字されたものがもらえる事になっています。

まさに、今回のテニプリ入学試験は志望校の受験試験のセンターのようなものになります。世界中どこにも無い自分だけの「生徒証明書」を手に入れる試験となっています。

ここまで本格的な試験は前代未聞ではないでしょうか。

そして、気になるのは合格ボーダーラインです。

公式では詳しい内容についてはボーダーラインについては明かされていません。ネット上でもどの程度点数を上げれば合格になるのか、気になる人も多いようです。

もし、本当の試験と同様のボーダラインを儲けるのであれば、点数的には6割は必要だと予想します。

そして、志望校を希望しているため、定員がそれぞれ決まっているのであれば、希望の多い学校ほどボーダーラインは高くなる可能性も考えれます。

逆に2次試験まで到達した人は全て入学する事ができるという設定になっているかもしれませんね。

あくまでイベントなので、参加した人は全て学生証明書を参加賞として配布されることも考えられます。

一次試験を合格したのは、400名なのであらかじめ用意されているのではないでしょうか。

まとめ

今回はテニプリ入学試験・合格するとどうなるのか、特典やボーダーラインはあるのかについて紹介しました。

ファンでも苦戦するほどの難問であり、知っている程度であれば全くわからないレベルのものばかりでした。志望校では、やはり不動峰が人気なようなので、志望者はボーダーラインが高いのかもしれませんね。

これほど本格的な試験を他の歴史的な漫画やアニメでやっても、盛り上がりそうな企画です。

今回の試験の合格者の情報を期待して待ちましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です