【2020年最新】動画配信サービスの選び方徹底ガイド!ジャンル別おすすめ人気順や料金別で解説

グランメゾン東京・久住荘次郎や栞菜は何者?目的や職業・今後の展開について考察


木村拓哉主演の日曜劇場グランメゾン東京。

第6話の終盤でフリーライターであった、久住かんな(中村アン)がグランメゾン東京のメンバーに加わりました。

しかし、何やら不穏な雰囲気があり、3年前のナッツ混入事件の真相を握っているような気がする描写が。

そして、履歴書にも父親壮二郎の名前もあり、関与している可能性が高いと考えます。今回はそんな久住の正体、目的について考察していきます。

グランメゾン東京・久住荘次郎や栞菜は何者?

中村アンさん演じる久住かんなは以下のように公式HPでは記載されています。
フリーのフードライターとして、グルメ雑誌やウェブサイトで記事を執筆している。小さい頃から食べるのが大好きで、父の仕事で海外に行き、豊富な食の知識を積んだ。ある時行ったフランス料理店で食べた料理に感動し、食べ物に関わる仕事を志す。大学卒業後、グルメ雑誌の編集部で3年ほど働いた後、フレンチの分野を極めたいとフリーランスになり渡仏。パリのフランス料理店でも造詣を深めた。そこで、パリのグルメ雑誌の編集をしていたリンダと出会う。尾花の事件を調べて欲しいとリンダに頼まれ、倫子に接触。
そしてこの度、ホールスタッフとして「グランメゾン東京」で働くことに。

引用元:グランメゾン東京公式HP

現在の久住の立ち位置としては、リンダ(冨永愛)の依頼により、3年前のナッツ混入事件の調査するために動いています。

そして、第6話の終盤でグランメゾン東京のホールスタッフとして働き出します。

久住もかつてのパリのお店エスコフィユにも足を運んだことがあり、尾花のファンであった事もわかっています。

よって、この上記の「ある時行ったフランス料理店」は尾花たちが腕を奮っていたエスコフィユの可能性が非常に高いと考えられます。

しかし、尾花とリンダはかつて恋人であったものの、かんなとは初対面のような印象を受けました。かんなが一方的に知っているものの、あえて言わないとも考えられました。

これからの事から、久住かんなの正体は、誰よりも昔から、尾花やエスコフィユについて知っている人物となります。

そして、本当の久住かんなの目的は父親と深い関係があるのではないかと考察することができるシーンが6話の最後に登場しました。

掘り下げていきます。

目的や職業・今後の展開について考察

第6話で登場した「履歴書」が鍵を握っているとされています。

そこに久住かんなの経歴なども記載されていました。

  • H18年3月普通自動車免許取得
  • H19年4月TOEICスコア910点
  • H24年8月フランス語資格試験DELF B2取得
  • H24年12月日本ソムリエ協会認定ソムリエ資格取得
  • H25年3月フードアナリスト検定1級取得
  • H25年10月WEBライティング能力検定1級取得

となっています。こちらに関しては、食べ物に関する仕事、海外、雑誌編集部などの経歴から自分の道から努力した経歴になります。

注目すべき点は父親と母親の名前が記載されていた事です。

父:久住荘次郎(クズミソウジロウ)

母:久住園子(クズミソノコ)

この名前を京野(沢村一樹)が見たときに、何か引っかかる、見覚えがある人物である事を匂わせています。

本編で深い関係があるのは間違いないことを確実にしてくれました。

しかし、京野はすぐに思い出すことができないため、かなりの著名人、よく雑誌・料理関係・または金融関係などで見ることがある名前だったのではないかと考察します。

そこで、父親の仕事として考えられるのは、

  • 「日仏首脳会議の関係者」
  • 「代表の秘書」
  • 「会談場所にエスコフィユを紹介した専門家」

この3つが考えられます。

3年前のナッツ混入事件に深く関わっている人物で間違いないと思います。目的としては以下が考えられます。

  • 大事な会談を台無しにしたことの恨み。
  • エスコフィユの魅了され復活を願い、真相を究明したい。
  • 久住かんな自身が単独で恨んでいる。

この3パターンが考えられます。それぞれ解説していきます。

大事な会談を台無しにしたことへの恨み

大事な会談台無しにされてしまい、全てが水の泡となってしまい、重要な役職も解任されてしまった事が予想されます。

3年前の事件の被害者となっている可能性もあります。

そして、大きな被害を受けた父親の姿を見て、恨みを抱いており、久住が暗躍し動いているというパターンです。

ただ、この場合、ドラマチック差に少しかけます。

エスコフィユの魅了され、復活を願い、真相を究明したい。

プロフィールで紹介したように、久住が「ある時行ったフランス料理店」が父親または家族で共に訪れていたとするなら、その時間が久住家にとって掛け替えのない時間だったとします。

もし、会談の場所として紹介したとするのであれば、あり得そうです。

そして、その復活を願い久住は動いている、または父親である荘次郎は願っているのだと思います。

しかし、かんなは復活よりもエスコフィユを陥れた犯人に恨みをう抱いているいるため、不穏な姿に見えているのだと思います。

久住かんな自身が単独で恨んでいる。

最後に、一番可能性は高いのは、久住かんな自身が単独で3年前の犯人を恨んでいる事です。

父親である荘次郎は何かした被害を受けていたとしても、尾花の作る料理に魅了され復活を願い、グランメゾン東京の開業に心を踊らせていると考察します。

しかし、一方かんなは不穏な空気を持っているのは、家族の大事な思い出や場所を潰された犯人を恨んでいるからだと思います。

リンダは久住に「本当はあなたの方が恨んでるんじゃない?犯人のこと」と言っています。この言葉から恨んでいるのは確定だと思います。

また、「尾花さんやエスコフィユのメンバーがグランメゾン東京で復活するなんて絶対に許せません。」と怒りを露わにしています。

今後の展開としては、かんなは犯人探しをする、または犯人を陥れるためグランメゾン東京のホールスタッフとし暗躍していきます。

そして、そこへ父親荘次郎が登場し、尾花の料理から恨んでも仕方がない、料理は心を動かすことをグランメゾン東京を介して久住の恨みの心を浄化するストーリーになると思います。

このまま、不穏な空気のまま久住かんなが動き続けることは考えにくいです。

よって、父親・久住荘次郎の目的は、心からグランメゾン東京・尾花の復活を願い、作品の中ではかんなの心を大きく変化させる存在であると思います。

まとめ

グランメゾン東京・久住かんな(中村アン)は何者?父親壮二郎の目的について考察していきました。

今作のメインテーマは料理が心を動かすことだと思います。

この荒んだ久住かんなの心を動かすのは、間違いなく尾花の料理だと思います。しかし、それだけでは、会心するのは考えにくいので、父親、または母親が関与してくるのだと思います。

いずれにせよ、かんなは何かしらグランメゾン東京に問題を引き起こすと思います。

今後の展開が楽しみですね!1話1話のドラマに目が離せませんね!

グランメゾン東京の無料視聴方法はこちら

「グランメゾン東京」関連記事

グランメゾン東京・鈴木京香のつなぎ(デニム)のブランドは?値段や購入方法についても

グランメゾン東京・みっちーの服のブランドは何?値段や購入方法についても

グランメゾン東京・木村拓哉(キムタク)のシャツのブランドは何?値段や購入方法についても

グランメゾン東京・京野(沢村一樹)が犯人?尾花に一番嫉妬している人物は誰?

グランメゾン東京・黒幕は城西信用金庫の理事長?なぜ汐瀬(春風亭昇太)を仕向けたのか考察

グランメゾン東京・ナッツ混入事件の犯人は誰?黒幕をネットの声から考察

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です