工藤健司(仙人)の経歴やwikiプロフィールは?廃校(工藤耀日美術館)の場所についても

「世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波乱万丈伝〜かわいい映像満載!中国巨大パンダ飼育施設の日本人スペシャル」が2019年12月16日に放送となります。

その企画の中で、「秘境に暮らす”未確認日本人”」で、山梨県の山奥にある廃校に住み着く仙人の話が登場します。

仙人の名前は「工藤健司」さん。今回はこの方の経歴やプロフィールを調査しました。廃校の場所も合わせて紹介していきます。

工藤健司(仙人)の経歴やwikiプロフィールは?(美術館館長)

山梨の山奥にある廃校にナゼか住みついている謎の“仙人”がいるという情報を聞きつけ、さっそく現地へ。

やって来たのは7世帯14人の村人が暮らす神戸(ごうど)という限界集落。

山道を10分ほど歩いたところに、かつて中学校だった廃校を発見すると、2階の窓から顔を出している白髭をたくわえた男性がいた。

15年前からこの廃校に住みついているという工藤賢司さん(80歳)に学校の中へ案内されると、中国出身の48歳という32歳差の妻の姿も。

夫婦の主な生活スペースは職員室。学校で使われていた調理器具で食事の準備をし、卓球台を食卓として代用している。

食器は給食室にあったもの、洗い物はかつて先生たちが湯飲みなどを洗っていた給湯器、ベッドは保健室にあったもの。調べたいことがあるときは、本がそのまま残る図書室に足を運び、生活ゴミは焼却炉で燃やす。

このように学校にあるものを自由に使い、廃校での生活を15年も続けている工藤さん夫婦。実は、驚くべき“ある目的”のためにこの学校に住みついたのだという。

引用元:https://thetv.jp/news/detail/216244/p2/

プロフィールなど各種SNS、ネット上で検索をかけましたが、かなり情報が少なかったです。

名前:工藤賢司

年齢:80歳

子供:不明

年齢以外特定する事ができませんでした。

ただ、今回登場した廃校に関しては、コスプレのイベントで使用されるなどされているため、恐らく何かしらイベント関係のビジネスを展開してい人物ではないかと思われます。

場所貸しをしているのではないでしょうか。番組内で深く語られると思われます。

わかり次第追記していきます。

廃校(工藤耀日(くどうてるひ)美術館)の場所についても

先ほども紹介したように、廃校の場所はコスプレの撮影地として使用された場所であるとされています。

廃校のノスタルジックな雰囲気や大きな桜の木があるため、映えスポットとなっているようですね。

山梨県では廃校になった場所を有効活用している企画が多数行われています。

今回の仙人・工藤賢司さんが住んでいるとされる廃校は「増富中学校跡」だと外観などから特定しました。

美術館のようですね。よって、工藤さんは美術館の館長のような立ち位置ではないでしょうか。

その他ミュージックビデオで使用されるなど、幅広く活用されている場所のようですね。

その他の活動は以下にまとめておきます。

ネットの声まとめ

2020冬アニメ/曜日別まとめ(横にスクロールできます→)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です