聖火ランナー2020・最終走者(アンカー)は誰?羽生結弦やイチローなどネットの声まとめ

2020年東京オリンピックの聖火リレーランナーが各地で発表になりました。

しかし。その中で最も有力であったフィギュアスケート・羽生結弦選手、野球界のレジェンド・イチロー選手などの名前は上がっていませんでした。

選ばれないのではないかという不安と共に、最終ランナー・アンカーがまだ発表されていません。

今回は最終走者が誰なのか、ネットの声をまとめて予想していきます。

聖火ランナー・最終走者(アンカー)は誰?

最終走者の候補者を紹介していきます。

選出される条件としては以下だと考察します。

 

聖火ランナーの条件

・スポーツ界・アスリートの可能性が高い

・偉業を成し遂げた人物

現在発表されている聖火ランナーは年齢不問であり、藤井聡太棋士などスポーツと関係のない人物でも話題の人、偉業を成し遂げた人、またはその地区に貢献した人が選出されています。

スタジアムに帰ってくる重要な役を務めるので、スポーツ祭典であるため、恐らくアスリート経験者。そして、前回の東京オリンピックから今までに活躍した人物だと思われます。

以上を踏まえると、以下の人物を予想します。

長嶋茂雄

王貞治

北島康介

吉田沙保里

野村忠宏

高橋尚子


以上の6名に絞りました。

更に加えて有力なのは、以下の2人です。

羽生結弦やイチローの可能性は?

最も有力ではないかと言われているのが、この2人。

  • 羽生結弦
  • イチロー

現在、名前が上がっていない事で、すでに最終ランナーとしてどちらも濃厚ではないでしょうか。

羽生結弦さんであれば、東北大震災の経験、平昌の感動を呼ぶ演技が国民に感動を与えました。まだ、お若いですし、今後の日本を背負う人物として、間違いないですね。

また、イチロー選手であっても納得です。海外での活躍も素晴らしい偉業ですし、誰しも知るスーパースター。ファン層も偏りがなさそうですね。

ただ、本人が断る可能性もあるので、どちらかというと、羽生結弦さんの方が濃厚ですね。

ネットの声まとめ

2020冬アニメ/曜日別まとめ(横にスクロールできます→)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です