≫【マンガ無料試し読み】鬼滅の刃・約ネバ・ONE PIECE・ハイキュー!!などの最新刊も無料で読む方法まとめ

【ネットフリックス・ネトフリ】なぜスタジオジブリ作品が日本で見れない?今後見れるのか考察

世界的に有名な動画配信サービスである「Netflix」。

今までどこでも配信がなかった「スタジオジブリ作品」の配信が決定となりました。

ファンならず待望のジブリがどこでも手軽に見れる!と思った矢先、日本、カナダ、米国以外での配信となり残念に思う人も多いのではないでしょうか。

今回はなぜ日本では見れないのか、今後見れるようになるのか考察していきます。

【ネットフリックス・ネトフリ】なぜスタジオジブリ作品が日本で見れない?理由は?

米ネットフリックスは2月から4月にかけて順次、「となりのトトロ」などスタジオジブリ(東京都小金井市)の21作品を日本と米国、カナダを除く世界約190カ国で配信する。ネットフリックスは国内のアニメ会社と包括提携を結ぶなど日本アニメの獲得に力を入れてきた。世界的に高い人気を誇るジブリ作品をテコに海外市場の開拓を加速させる狙いだ。

このほどフランスの配給会社、ワイルドバンチ・インターナショナルからジブリ作品の日本と米国、カナダを除く世界での配信権を獲得した。2月1日には「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」など7作品、3月1日には「もののけ姫」など7作品、4月1日には「ハウルの動く城」など7作品を配信する。

これまでジブリはネット配信に対して消極的だったが、動画配信サービスの拡大に伴い、世界に配信ネットワークを持つネットフリックスと組むことがジブリ作品の認知度向上にもつながると判断したもようだ。

ネットフリックスは「スタジオジブリの長編アニメーションは、これまで35年間にわたり世界中のファンに愛され続けている」と強調。「日本発のすばらしい映画をアジアやヨーロッパ、南米などの多くの国の言語でみてもらいたい」とコメントした。

ジブリ作品を巡ってはAT&T傘下のワーナーメディアが展開する動画配信サービス「HBOマックス」で米国内でのジブリ作品の配信を決めるなど、動画配信サービスの目玉コンテンツとしてジブリと組む動きが広がっている。

引用元:日本経済新聞

今まで、ネット配信や動画配信サービスでスタジオジブリ作品を見たい人は探した人も多いのではないでしょうか。

しかし、現在スタジオジブリ作品(スピンオフなどは除外)はどこの配信サービスでも取り扱っておらず、

  • DVDレンタル
  • 地上波放送

で視聴するのが基本スタイルでした。

そんな、ジブリ作品がの権利をNetflixが獲得しました。恐らく、かなり前から交渉の動きなどはあったのだと思います。

「そもそも日本の作品なのに、なんで!?」

と思う人も多いと思います。

その背景には、TV業界の事情なども大きく関与していると思われます。

日テレ(金曜ロードショー)での取り扱い

スタジオジブリ作品は、夏休みなどにスタジオジブリ作品の連続放送などが毎年恒例となっています。

金曜ロードショーの視聴率においても、どの作品よりも圧倒的な数値を叩き出しています。

公開されている情報でも、上位を独占しています。

金ローのジブリ作品

1位 千と千尋の神隠し 2003年1月24日

2位 もののけ姫 1999年・1月22日

3位 ハウルの動く城 2006年7月21日

4位 ハリーポッターと賢者の石 2004年6月25日

5位 崖の上のポニョ 2010年2月5日

全てジブリ作品となっています。

数ある新作の映画などが地上波初となっても、この記録を越えれない。テレビ離れもある中で、もし配信がスタートすれば、ますますテレビ離れが進み、視聴率低下に繋がる大きな打撃を受けてしまいます。

普通に考えて、配信にする方が不利なので、利権を譲渡する理由が見当たらないからだと予想します。

まだスタジオジブリを知らない人に届ける手段

日本国民であれば、スタジオジブリ作品を知らない人はいないほどの名作ばかりです。

日本やアメリカ、カナダなどでは広く周知されており、もちろん地上波で放送するのも難しい現状です。

その中でも最強とも言えるNetflixに権利を譲った方が、作品を届けることができ、大きな収益も得ることができるとスタジオジブリの利権を持つ人たちが決断したのだと思います。

かなり大きなお金が動いたのだと思います。

わざわざ日本で配信することにあまり意味がない、地上波の事を考えると、利益も生みにくいと利権側の主張があったのだと思います。

以上の2点が日本で配信されない理由だと考察します。

今後見れるのか考察

今後、恐らく早い段階でNetflixで日本でも見ることができるのではないでしょうか。

上記のランキングでもあるように、高視聴率を叩き出したのは10年以上前のものばかりです。この点から、今後地上波でもどんどん視聴率は下がっていくと思われます。

頃合いを見て、Netflix側に日本でも利権を譲渡すると思われます。

ネットフリックスでは無料登録期間を12月3日に配信し、国民的アイドル「嵐」のドキュメンタリー配信など、すでに広告を打つ必要もないくらい、動画配信会社としては認知されています。

この力を利用し、全て配信にしてしまい、登録者をどんどん伸ばしていく考えが予想できますね。

期待して待ちましょう!

ネットの声




1 個のコメント

  • 日本では配信されないったって、ジブリ映画なら、テレビで放映された時に録画している人もたくさんいるでしょう。困るのはテレビ局のメンツの問題ですかね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    当サイトおすすめ動画配信サービス

    カテゴリー