アラビックヤマト(液体のり)は食べたり飲んだりできる?味は美味しい?

アラビックヤマトは癌に効果がある事が発表されました。

健康に効果があると感じた人は、早速口から摂取してみようと思う人がいるようです。

そこで、今回はアラビックヤマトは食べたり、飲んだりできるのか、また味についても調査しました。

アラビックヤマト(液体のり)は食べたり飲んだりできる?

がん細胞に薬剤を取り込ませておき、中性子をあててがん細胞を壊す放射線治療で、薬剤に液体のりの主成分を混ぜると治療効果が大幅に高まることを東京工業大のチームが発見し、23日発表した。薬剤が理科の実験でつくったスライムのようになり、がん細胞にとどまりやすくなるらしい。マウスの実験では大腸がんがほぼ消失したという。

この放射線治療は、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)。国内10カ所弱の施設で臨床試験が進んでいる。ホウ素化合物の薬剤を注射してがん細胞に取り込ませておき、外から中性子を照射して破壊する。正常な細胞へのダメージが少ないことから、次世代の放射線治療として期待されている。

引用元:朝日新聞デジタル

結論から述べると、「アラビックヤマト」は少量であれば食べたり、飲んだりする事に害はありません。

製造元である「ヤマト株式会社」の問合せで解答しています。

子供が誤って舐めてしまった場合

万が一舐めてしまっても、多少であれば、問題ありませんが、水でうがいをしてください。
様子を見て、気分が悪そうであれば、念のためお医者様に診てもらってください。

保管場所はお子様の手の届かないところに置いてください。また、接着以外には使用しないでください。

引用元:ヤマト株式会社

目に入った場合・皮膚について場合

目に入った場合はこすらずに、大量の水で洗い流してください。
また、皮膚に付いたのりは、洗い流せば落ちますが、皮膚が弱い方など、稀にかゆみ、発疹を起こす可能性がありますので、ご注意ください。

引用元:ヤマト株式会社

あくまで、少量を舐めてしまった、目に入ってしまった場合の対応について書かれています。

なので、多量に摂取してしまった場合は想定されておらず、用途としても異なるため明記はされていません。

しかし、液体のりの特性上、多量摂取した場合気分不良などがあるため、危険であるとネット上では言われています。

あくまで、癌の治療において成分が使用できるだけであり、飲んだり食べたりする事で治癒する事ができず、むしろ悪影響を及ぼす可能性が高いので、摂取するのはやめましょう。

誤って飲んでしまった場合は、上記の対応。多量に摂取した場合、医療機関を受診する事をおすすめします。

味は美味しい?

続いて、味についてです。

味についてはもちろん、食品ではないので美味しくありません。

ただ、「アラビックヤマト」の味は存在します。

幼少期に舐めた事がある人は多く、独特な味をしているため記憶にあるとコメントしている人が多いようです。

今回、取り上げられた事でフラッシュバックする人も多いのではないでしょうか?

味については、同じような味がする食品がネット上で投稿されていたため、もし気になる人は上記を参考にしてみてください。

あくまで個人的な見解ではありますが。

まとめ

今回はアラビックヤマト(液体のり)は食べたり飲んだりできるのか、味は美味しいのかについて紹介していきました。

毒薬ほどではないものの、遊び半分で食べるのはやめた方が良いですね。

もし味が気になる人は上記の商品を食べてみて欲しいです!

「アラビックヤマト」関連記事

アラビックヤマト・なぜアラビック?意味や語源についても

2020冬アニメ/曜日別まとめ(横にスクロールできます→)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です