米沢ドライビングスクール(山形県)合宿の定員数や期間は?どこにあるのかについても

山形県で初の感染者が出た事が明らかになりました。

運転免許合宿で来ていた神奈川県の方がそうです。

今回はそんな米沢ドライビングスクールの定員数や合宿の期間はどれくらいなのか、また山形県のどこにあるのか調査しました。

米沢ドライビングスクール(山形県)の定員数や合宿期間は?

山形県は31日、県内で新型コロナウイルス感染症への感染が確認されたと発表した。山形県での感染確認は初めて。

県によると、感染が確認されたのは神奈川県の20代女性。3月24日に米沢市の自動車教習所「米沢ドライビングスクール」の運転免許合宿に参加するため来県していた。

27日になって発熱や倦怠感などの症状が現れ、29日夕方に置賜保健所に電話で相談があった。女性は30日になって保健所が紹介した新型コロナ感染症外来を受診し、そこで採取した検体を県衛生研究所がPCR検査したところ、31日に陽性が確定した。

女性は現在入院中。症状は軽く病状は安定しているという。女性は症状が出る前の2週間以内に海外への渡航歴はない。教習所では25日から28日にかけて講習を受講し、直営の宿舎に滞在していた。

米沢ドライビングスクスクールではまるで両校を楽しむように合宿しながら、運転免許を取得できる、若い世代には非常に人気のプランになっています。

引用元:Yahooニュース

気になる期間は18日間で免許取得を目指すようですね。

今回、3月24日〜の合宿であったため、4月11日土曜日までの期間での合宿だったようですね。

各宿泊施設と提携し、そこから通うシステムのようです。

予約制となっており、かなり早い段階で予約、その後キャンセルが出た場合、追加で応募する形のエントリー方法であることがわかります。

冬季だけでも140名以上の定員があります。

実際に多くの人が教習所で過ごし、そしてホテルなどでは同じ部屋で過ごすなど濃厚接触する可能性は高いですね。

教習の先生はかなりリスクが高い事がわかります。

どこにあるのか場所は?

場所は上手になります。

恐らく、宿泊提携の宿・ホテルからバスなどで移動し免許教習に参加するものであると思われます。

バスなどの密室空間もかなり心配ですね。

専用のバスではあると思いますが、さらに感染者が増える可能性は高いですね。

収束・拡大が少しでも収まることを祈ります。

ネットの声

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ動画配信サービス

カテゴリー