≫【マンガ無料試し読み】鬼滅の刃・約ネバ・ONE PIECE・ハイキュー!!などの最新刊も無料で読む方法まとめ

【リゼロ考察】オットーの正体は何者?能力やスバルとの関係についても

リゼロ考察オットーの正体

リゼロの2期がまもなく放送されます!

1期ではまだ明らかにされていないことも多く、2期を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、1期の後半から登場したオットーというキャラクターに焦点を当てていきたいと思います!

オットーの能力やスバルとの関係など、様々な角度から考察していますので一緒にオットーの正体について考えていきましょう!

【リゼロ考察】オットーの正体は何者?能力やスバルとの関係についても

オットー・スーウェンは灰色の髪をした行商人の青年です。

それなりに顔が整っており、機転の利く頭も持っていますが運に見放されているという特徴があります。「苦労が身にしみる」という語呂合わせから、誕生日も3月24日に設定されています。

王選など国のことには無関係な一般人で、スバルが王都からロズワール邸宅に帰る途中にレムの置手紙と同時に出会います。

不幸体質で騙されやすいですが、損得勘定が優れており計算高い一面も持っています。

スバルは死に戻りの度にオットーと出会い、スバルの目的達成のためにオットーは非常に重要な役割を果たしています。

スバルだけでなくリゼロ公式からも雑な扱いを受けていますが、ファンからの人気は高く2018年に行われた人気投票では3位という結果を収めています。

オットーの能力は?

オットーは行商人として必要な護身術を習得しています。それなりに鍛えているためスバルのことをボコボコに出来る程度には強く、魔法もそれなりに使えます。

非戦闘員という扱いのため、戦闘シーンが見られないのが残念です。

また、どんな生き物とも会話ができる『言霊の加護』という能力も持っています。

『言霊の加護』とは一体どのような能力なのでしょうか。

  • 生き物たちから様々な情報を集めることが可能
  • 魚と話すときはえら呼吸、虫と話すときは高音など、相手の言葉を発することで会話を交わすことができる
  • 生き物たちからマナを集めて上級魔法を使うことも可能

非常に便利で、チートのように感じる能力ですね。

1期のラストでこの力を発揮し、スバルを助けています。

モブキャラ感が強く、行商人の一般人という設定ではありますがそのキャラと能力によりスバルたちからは信頼されています。

また、実はサッカーの才能があるようですが、リゼロの世界ではサッカーがないため絶対に開花することはありません。どこまで不憫なのでしょうか。

オットーとスバルとの関係は?

オットーは原作第四章からエミリア陣営に加わり、内政官としてスバルたちと行動を共にします。

スバルとオットーは互いに助け合い、二人は親友となっていきます。

では、ここでオットーの名言を見てみましょう。

「ごちゃごちゃを全部話す!そして、最後に『信じろ!』って言やぁいいんですよ!友達なんだから!!」

「友人助けようとするってのは、そんなにおかしなことですかね?」

「友達の前でかっこつけるなんてやめちまえよ、ナツキ・スバル」

オットーとスバルの友情が分かる言葉ばかりですね。二人の絆や信頼が非常に強いものであると分かります。

オットーはエミリア陣営のみんなを愛しており、非常に信頼しています。

何か困ったことがあればとりあえずみんなオットーのところに集まるようで、みんなから頼りにされていることが分かります。

オットーが加わってからエミリア陣営は更に賑やかに、そして強くなりました。

まとめ

オットーの正体について考察してみましたが、いかがでしょうか。

隠された正体などに関する伏線等は見つけられませんでしたが、強いて言うならオットーの正体は「スバルの親友」だと思います!

オットーはスバルがこの世界に来てからできた初めての友達と言っても過言ではありません。

スバルの親友としてオットーはどんな活躍を見せていくのでしょうか。

また、『言霊の加護』と物語の関わりも気になるところです。

1期でスバルを助けた能力が、2期ではどのように活かされるのか注目していきましょう!

原作者の長月達平先生も「オットーの活躍も1期のアニメ後は爆発的に増える」と仰っており、今後の活躍が楽しみですね!

ファンの方の「オットーが死に戻りの能力を手に入れたらどうなりますか」という質問に「ネタバレ」と返している点も非常に気になります。

2期をもっと楽しむためにアニメ1期や原作も是非見てみてください!

『リゼロ』関連記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ動画配信サービス

カテゴリー